2014年10月29日

「食べるが勝ち!」星野知子

Cimg2491

著者があちこちの国で食べたいろんな料理。

とはいっても美食の国(街)というわけではありません。

例えばシリア。

ここにはラマダンという断食月があります。

断食する案内役を横目に著者はなにを食べたのか。

中国の奥地、標高5千メートルの青蔵高原では高山病でふらふらになりつつ、しかし下山して思ったのは薄いながらも酸素が最高のこちそうだったと。

インドでは衛生上の問題があると仕事のスタッフから屋台禁止令を出され、しかし仕事を終えたあとはソッコーで屋台に飛び込む・・・・。

食に関してはかなり好奇心旺盛な著者です。

そうですよね、食というのはまず好奇心ですから。

今まで食べたことのない料理を食べてみたい。

食いしんぼうに共通する考えです。

外国に行って何を食べたいか。

観光客向けのレストランの料理ではなく、地元の人がごく普通に食べている料理です。

家庭であったり屋台であったり大衆食堂であったり。

著者の趣旨には大賛成です。

でも日本から持っていったインスタント食品の美味しさに改めてありがたさを感じたりもしておられます。

そう、飽食日本ではインスタント食品を小馬鹿にする食通気取りがいますけども、いざまともな食事ができなくなったとき、どれだけ美味しく便利でありがたい存在であるか。

積極的に食べるべきものではありませんけどね。

この本はまえがきが「いただきます」で始まります。

そしてあとがきは「ごちそうさまでした」で終ります。

どちらも料理、素材の命、そして作ってくださった人に対して感謝の意を表す素晴らしい日本語です。

それをしっかりと理解しておられる著者もまた素晴らしい。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ほ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする