2014年10月31日

10月の一冊

今月は15冊読むことができました。
私にとっては上出来です。

・「ステップアップ」知念みづき
・「B級グルメが地方を救う」田村秀
・「スローなブギにしてくれ」片岡義男
・「きょうのできごと」柴崎友香
・「図書準備室」田中慎弥
・「合本 大友克洋 2012年 再起動、そして。」
・「ヤクザ大辞典」週刊大衆編集部 編・著 山平重樹 監修
・「行きがかりじょう」バッキー・イノウエ
・「東州しゃらくさし」松井今朝子
・「トロピカル性転換ツアー」能町みね子
・「宇宙のウインブルドン」川上健一
・「朝食をやめて健康になる」渡辺正
・「食い物を粗末にするな「並の日本人」の食文化論」立川談志
・「全日本荒唐無稽観光団 こんな迷所知っていますか?」綱島理友
・「食べるが勝ち!」星野知子

「ステップアップ」、うん、まあ。

作家と読者のレベルか釣り合っていればいいんじゃないでしょうか。

「B級グルメが地方を救う」、グルメというと高級店とか高級素材とかいうイメージがあります。

でも基本はこれですよね。

「スローなブギにしてくれ」、一時期ブームになった片岡義男。

こんな時代もあったなぁと懐かしく読みました。

「きょうのできごと」、若者たちのさりげない日常を切り取った物語。

これは作者のデビュー作ですが、のちに他の作品で芥川賞を受賞することになります。

「図書準備室」、このねちっこい作風はなかなか注目です。

売れない純文学ですけど、このような作家がおられるのは心強い。

「合本 大友克洋 2012年 再起動、そして。」、大友克洋、もの凄い漫画家です。

ファンにとっては保存版の一冊。

「ヤクザ大辞典」、ヤクザを好きな人はいないでしょうが、でも内情は知りたい。

そんな人はどうぞ。

「行きがかりじょう」、日頃の飲み歩きがエッセイとして本になる。

結構なことですねぇ。

「東州しゃらくさし」、謎の絵師写楽を取り上げているにもかかわらず、そちらには浅い。

私個人としては欲求不満がありました。

「トロピカル性転換ツアー」、ニューハーフとか何とかいらっしゃいますけども。

男から女に性転換した著者がここまで具体的に書くかという面白く衝撃の一冊です。

「宇宙のウインブルドン」、テニスでサーブだけでウインブルドンで優勝する。

とんでもない設定をとんでもなく面白く読ませる作品です。

「朝食をやめて健康になる」、朝食は実は体によくないのだと。

朝食を採らない私としましては、ふむふむそうですよねと。

「食い物を粗末にするな「並の日本人」の食文化論」、このタイトルはおおいに結構。

食べ物を粗末にしては絶対にいけません。

「全日本荒唐無稽観光団 こんな迷所知っていますか?」、こういうのって場所の選定、それに対してどれだけ面白いレポートが書けるかというのが勝負です。

残念ながら・・・・。

「食べるが勝ち!」、いろんな国を訪問し、その地の食べ物を口にする。

決して美食とかではない、そんな食経験が羨ましい。

え~、今月15冊を読んだ結果ですが。

これは読み終わった時点で確信しました。

「宇宙のウインブルドン」です。

とにかくエンターテイメントとして面白い。

それに尽きます。

今月の一冊はこれです。

Cimg2487

posted by たろちゃん at 02:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする