2015年01月31日

1月の一冊

今月は15冊読むことができました。

ナイスですねぇ。
 
・「白昼の死角」高木彬光
・「銀座ナイルレストラン物語」水野仁輔
・「ケンカ道 その“究極の秘技”を探る」篠原勝之
・「夢を与える」綿矢りさ
・「BRUTUS 美味求真 食にこだわった男たち女たちと、その本。」
・「限界集落株式会社」黒野伸一
・「ヒゲのウヰスキー誕生す」川又一英
・「夏天の虹 みをつくし料理帖」高田郁
・「先崎学の浮いたり沈んだり」先崎学
・「伊豆の踊子」川端康成
・「いい街すし紀行」里見真三 写真・飯窪敏彦
・「夜を駆けるバージン」南綾子
・「ジョーカー・ゲーム」柳広司
・「決定版ガイド この文庫がすごい!」別冊宝島編集部編
・「肝臓にぐぐっと効く本」主婦の友社 編

「白昼の死角」、古くてボリュームのある作品。

途中で飽きないかなと思いましたが、とても面白く読めました。

「銀座ナイルレストラン物語」、日本で一番古いインド料理店。

やはりそれなりのエピソードがあるんですね。

「ケンカ道 その“究極の秘技”を探る」、うーん、それほど派手な話ではなかったですね。

ちょっと期待はずれかな。

「夢を与える」、思いのほかよかったです。

ただ最後のネットでどうこうというのは何年かすると古臭く感じてしまいそうです。

「BRUTUS 美味求真 食にこだわった男たち女たちと、その本。」、いろんな切り口で美食にこだわった人たちを紹介しています。

資料的な価値もあるのでは。

「限界集落株式会社」、話の展開はテンプレという感じがします。

でも読み応えありましたし感動できました。

「ヒゲのウヰスキー誕生す」、NHKのドラマで一躍有名になったマッサン。

でもこちらは創作なしのノンフィクションです。

「夏天の虹 みをつくし料理帖」、やはりいいですねぇ。

シリーズが進むごとに読ませる展開はさすがです。

「先崎学の浮いたり沈んだり」、現役棋士によるエッセイ。

さほど内容があるわけではありませんが。

「伊豆の踊子」、誰もが知る名作です。

今からすれば地味な話ではありますが、端正な文章はさすが。

「いい街すし紀行」、全国の寿司屋を紹介した一冊。

やはりカラー写真があるといいですね。

「夜を駆けるバージン」、ライトなエロ小説。

小説としての完成度はイマイチでしたが。

「ジョーカー・ゲーム」、期待したほどディープではありませんでした。

でも続編は読みたいです。

「決定版ガイド この文庫がすごい!」、まだまだ知らない本がいっぱいあるなと。

がんばって読書せねば。

「肝臓にぐぐっと効く本」、こういうのは栄養学や雑学の知識になります。

読み物としても楽しめますし。

今月はけっこう粒ぞろいな印象でした。

小説はどれもよかったです。

ちょっと迷いましたが、やはり「夏天の虹 みをつくし料理帖」が頭ひとつ抜けていましたかね。

今月はこれに決定。

Cimg2534

posted by たろちゃん at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

「肝臓にぐぐっと効く本」主婦の友社 編

Cimg2539

酒を飲む者にとって肝臓の調子というのは非常に気になるものです。

特に私のように朝っぱらから酒を飲んだりしているとなおさら。

気にするくらいなら飲むなという話ですが、それができれば気を使うこともないわけで。

なんだかパラドックスに陥ってしまいます。(笑)

肝臓を労わるにはやはり食べ物を考える必要があるわけで。

まずアルコールの過剰摂取はだめでしょう。

しかしつい飲んでしまうわけでして。

それじゃあせめて肝臓に効く食べ物をということになり、この本ではどのような栄養素を摂取するといいかというようなことがイラストや表なども使って読みやすく書かれています。

ただビタミンBだのEだのタウリンだのコリンだのいわれても栄養士じゃあるまいし、普通の人は「なにでそれを摂取するんだ?」ということになります。

というわけで、このような食材を食べなさいとアドバイスしてくれているんですね。

ご丁寧にもアルコールから肝臓を守る酒肴なんてのも紹介されていまして、酒飲みにとっては嬉しいかぎりです。(笑)

『肉じゃが』が悪酔いや二日酔いを防いでくれるなんて「へぇ」と思いました。

『豚ヒレ肉のアーモンド焼き』などというハイカラな料理も作り方を含めて紹介されています。

なるほどなぁと酒のグラスを傾けつつ読んだのでした。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

「決定版ガイド この文庫がすごい!」別冊宝島編集部編

Cimg2540

いろんなジャンルの文庫本を取り上げ、ベストを選出するという企画です。

ただし出版されたのが2000年。

もう15年前の内容ですが。

しかし読者としてはいまだ参考になります。

まだまだ読んでいない本が多すぎて、このような企画で知って興味をそそられる本もありますし。

次々と出版される新刊を追うのもいいですが、過去に評価された小説もいろいろと読んでおきませんとね。

やはりある程度そういう読書の蓄積があって現在の小説はどうなのかと。

楽しみ方の幅も広がると思います。

この本では各ジャンルにおいて書評家たちが対談形式で自分の薦める本を紹介しておられます。

ご丁寧に官能小説までフォローしてるのがいい。

現在私の部屋には未読の本が何百冊と積みあがっているわけですが、こういうのを読むとますます積ん読が増えそうです。(笑)

積ん読の一部 ↓

Cimg2541

ラベル:書評・作家
posted by たろちゃん at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 『へ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

「ジョーカー・ゲーム」柳広司

Cimg2529

時代は昭和12年。

陸軍にスパイの養成学校が設立されます。

諜報員養成所、通称“D機関”。

陸軍上層部の猛反発がありながら、立ち上げたのは結城中佐。

軍隊の規律にはまったく当てはまらない信条で精鋭たちを育てます。

結城中佐の指揮の下、精鋭たちはさまざまな問題に挑みます・・・・。

長編だと思っていたら連作短編の形式でした。

なので読み始めて「これはなかなか・・・・」と期待していたらぷっつりと短く終わってしまい、ちょっと肩透かし。

やはりこれはガッツリと長編で読みたかったです。

大きな事件の核心に精鋭たちが死力を尽くして近付いていくみたいな。

でもこれはこれでいろんなエピソードで楽しめたのでまあいいかと。

文体にしても内容にしても、さすがにストイックな雰囲気があります。

なにしろ諜報員はすべて偽名で、養成所の仲間同士であっても本名や経歴を知らないという世界です。

ただし最後の「XX ダブル・クロス」だけがやや異質。

冷酷に徹するべき諜報員の心情の揺れが描かれ、結城中佐もラストにほろっと人間味を見せます。

続編の「ダブル・ジョーカー」も読んでみたいと思いました。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

「夜を駆けるバージン」南綾子

Cimg2530

R-18文学賞でデビューした作家による官能短編集です。

表題作はなくタイトルは意味不明。

どれも女性の立場から書かれており、男性作家が書くそれよりも肩の力が抜けて露骨なエロエロしさはありません。

ですがかえってそれがリアルなエロに感じたりもするのですが。

「処女と唐揚げ」なんて面白いですね。

いつも近所の弁当屋で唐揚げ弁当ばかり買って食べているデブで処女なAD。

飲み会で先輩のチーフADにボロカス言われ、お笑い芸人にも太っていることをバカにされ、こんな仕事辞めてやると飛び出すのですが・・・・。

女性が思っているほど男性はデブを嫌悪していないのは事実かもしれませんね。

デブ専というのは意外と多く、痩せている女性よりは潜在的な人気があるかも。(笑)

それはともかくこの作品集、シチュエーションとそれに応じたセックスシーンでなんとか保っているというレベル。

女性の心の機微でどうにか読ませますが、小説としてはちょっと薄っぺらな作りかなと思います。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする