2015年01月05日

「ケンカ道 その“究極の秘技”を探る」篠原勝之

Cimg2527

ゲージツ家の著者がいろんな格闘家に昔の武勇伝を伺うという内容です。

登場する人物は13人。

前田日明、シーザー武志、ディック・マードック、芦原英幸、佐山聡、東孝、藤原喜明、大沢昇、上田馬之助、アントニオ猪木、塩田剛三、カール・ゴッチ、大山倍達。

これらの人たちのインタビューの間にコラムのような形で著者の経験談も書かれています。

タイトルから思うほどケンカに特化した内容ではありませんので、そういう意味ではやや物足りません。

ですが格闘技に興味ある人にとってはいろんな格闘家たちのエピソードを知ることができますので、楽しめる一冊でしょう。

ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする