2015年01月21日

「いい街すし紀行」里見真三 写真・飯窪敏彦

Cimg2531

北海道から九州まで、25店の寿司屋を紹介しています。

カラー写真もふんだんに添えられて。

やはりどの店も地元のネタを使っておられたり、その店ならではの食材をネタにしたり。

北海道ならタラバやハッカクとか。

青森ならさすがにホヤの刺身なんて一品があります。

山形県はハタハタ。

宮城県はフカヒレ。

私の住む大阪ではフォワグラを寿司ネタにしている店もあります。

この店には私も何度か訪問して食べたことがありますけども、合うんですよね、寿司にフォワグラ。

しかしこうやっていろんな店の寿司を見ると、シンプルですが完成された料理なんだなと思います。

目で堪能できる美味しい一冊でした。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする