2015年01月29日

「肝臓にぐぐっと効く本」主婦の友社 編

Cimg2539

酒を飲む者にとって肝臓の調子というのは非常に気になるものです。

特に私のように朝っぱらから酒を飲んだりしているとなおさら。

気にするくらいなら飲むなという話ですが、それができれば気を使うこともないわけで。

なんだかパラドックスに陥ってしまいます。(笑)

肝臓を労わるにはやはり食べ物を考える必要があるわけで。

まずアルコールの過剰摂取はだめでしょう。

しかしつい飲んでしまうわけでして。

それじゃあせめて肝臓に効く食べ物をということになり、この本ではどのような栄養素を摂取するといいかというようなことがイラストや表なども使って読みやすく書かれています。

ただビタミンBだのEだのタウリンだのコリンだのいわれても栄養士じゃあるまいし、普通の人は「なにでそれを摂取するんだ?」ということになります。

というわけで、このような食材を食べなさいとアドバイスしてくれているんですね。

ご丁寧にもアルコールから肝臓を守る酒肴なんてのも紹介されていまして、酒飲みにとっては嬉しいかぎりです。(笑)

『肉じゃが』が悪酔いや二日酔いを防いでくれるなんて「へぇ」と思いました。

『豚ヒレ肉のアーモンド焼き』などというハイカラな料理も作り方を含めて紹介されています。

なるほどなぁと酒のグラスを傾けつつ読んだのでした。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする