2015年02月28日

2月の一冊

今月は13冊読みました。

・「書店ガール2 最強のふたり」碧野圭
・「マンガホニャララ」ブルボン小林
・「化学探偵Mr.キュリー」喜多喜久
・「黄色いリボン」有吉玉青
・「ふらんす料理への招待」日影丈吉
・「硝子の葦」桜木紫乃
・「制服概論」酒井順子
・「涼宮ハルヒの消失」谷川流
・「ぼくが料理人になったわけ」小林充
・「痴人の愛」谷崎潤一郎
・「エッシャーに魅せられた男たち 一枚の絵が人生を変えた」野地秩嘉
・「納豆の快楽」小泉武夫
・「お宝食積 料理人季蔵捕物控」和田はつ子

「書店ガール2 最強のふたり」、書店という業界を描いたワーキング小説。

ベタではあるんですけどぐいぐいと読まされました。

「マンガホニャララ」、著者は芥川賞作家の長嶋有。

さすがにマンガの分析もひと味違う?

「化学探偵Mr.キュリー」、探偵ものって好きではないんですけどね。

でも意外と楽しめました。

「黄色いリボン」、著者の経験をもとに書かれた小説とのこと。

もう少し練れていればと思いました。

「ふらんす料理への招待」、著者はミステリー作家。

ですがあの村上信夫氏が教え子だったほどフランス料理に精通した人でした。

「硝子の葦」、母親の愛人と結婚したという主人公。

下世話な興味をそそる設定ではありますが、ちょっと強引に作りすぎかなという気がしました。

「制服概論」、名エッセイストによる制服についての考察。

ですます調のやわらかい文章ですが、視点は鋭い。

「涼宮ハルヒの消失」、タイトル通り主人公のハルヒがいなくなってしまいます。

シリーズだからこそできるアイデアですね。

「ぼくが料理人になったわけ」、さまざまな料理人を取り上げておられます。

あまりマスコミに登場していない料理人も紹介しておられるのがいい。

「痴人の愛」、ずいぶんと年下の女に振り回され服従する男の話。

愛というよりもエロが男女の根本なのかと。

「エッシャーに魅せられた男たち 一枚の絵が人生を変えた」、だまし絵で有名なエッシャー。

なんとも人を惹きつける魅力があるんですね。

「納豆の快楽」、小泉センセイといえば奇食珍食、そしてくさい食べ物。

というわけで得意ジャンルの納豆をいろんな角度から取り上げておられます。

「お宝食積 料理人季蔵捕物控」、もうほんとにどうしようもないレベルのシリーズです。

作者も出版社もよくこんなのを出せるなと思います。

さて。

今月はちょっと地味な印象。

その中にあって「書店ガール2 最強のふたり」が素直に感動させられました。

いかにもな展開ではあるのですが、フィクションの中にも実在の作家や作品の名前を散りばめ、現実との接点を作っています。

なので作り話ではあるものの立体感があるんですね。

次作もぜひ読みたいと思える作品です。

今月はこれで。

Cimg2538

posted by たろちゃん at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする