2015年03月30日

3月の一冊

今月はいつものように14冊でした。
 
・「アンダンテ・モッツァレラ・チーズ」藤谷治
・「悪趣味の本」別冊宝島編集部 編
・「パトロネ」藤野可織
・「ニューヨーク料理修行!」安藤幸代
・「神様のラーメン」多紀ヒカル
・「ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘」水木悦子 赤塚りえ子 手塚るみ子
・「月魚」三浦しをん
・「森枝卓士のカレー・ノート」森枝卓士
・「そんなに読んで、どうするの? 縦横無尽のブックガイド」豊崎由美
・「阿川佐和子の この人に会いたい」阿川佐和子
・「永遠の0」百田尚樹
・「オトコ、料理につきる」三善晃
・「貞操問答」菊池寛
・「菅野祐孝の日本一おもしろい日本史 上」菅野祐孝

「アンダンテ・モッツァレラ・チーズ」、ちょっとドタバタな青春コメディとでもいいますか。

でも空回りの感ありでした。

「悪趣味の本」、いろんな世界があるんだなぁと。

そういうのを垣間見られるのは楽しい。

「パトロネ」、思いのほかシュールな作風でした。

私は併録されている「いけにえ」のほうが楽しめました。

「ニューヨーク料理修行!」、女子アナウンサーの料理修行記です。

言葉の通じない国での奮戦ぶりが描かれています。

「神様のラーメン」、73歳でデビューされたという作者のグルメ短編集。

でもどれもいまひとつパッとしませんでした。

「ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘」、有名なマンガ家を父に持つ娘たちの対談集。

身内ならではの視点で紹介され面白い。

「月魚」、古本業界を舞台にした、しっとりした雰囲気の作品です。

ちょっとBLも入っていますね。

「森枝卓士のカレー・ノート」、カラー写真をふんだんに使って様々なカレーを紹介。

マニアにはいい一冊かも。

「そんなに読んで、どうするの? 縦横無尽のブックガイド」、辛口書評家の書評集です。

本選びの参考になります。

「阿川佐和子の この人に会いたい」、週刊文春で長年続いている対談の第一集。

20年以上前なので皆さんお若い。

「永遠の0」、特攻隊で亡くなった祖父を通じて戦争や特攻隊の愚かさを描いています。

読み応えありました。

「オトコ、料理につきる」、作曲家によるエッセイ&レシピ集。

文体がちょっと馴染めませんでしたが。

「貞操問答」、奥様向けの昼ドラマのような内容。

やっぱり菊池寛は面白い。

「菅野祐孝の日本一おもしろい日本史 上」、なかなかはっきりとは身についていない日本史。

改めて勉強してみました。

さて、今月の一冊。

「月魚」と「永遠の0」が候補ですね。

「月魚」の冷たくしっとりした雰囲気もよかったのですが、「永遠の0」のぐいぐい読まされる面白さに軍配を。

というわけで今月はこれです。

Cimg2573

posted by たろちゃん at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする