2015年04月03日

「南仏おいしい物語」島静代・文/柏木リエ・絵

Cimg2568

南仏、南フランス。

いいですねぇ、憧れます。

太陽や地中海、そんなリゾート的な雰囲気もそうなんですけども、食いしんぼとしてはやはり料理ですね。

ハーブやオリーブオイル、新鮮な魚介類を使った料理。

パリの洗練された料理とはまた違い、肩の力の抜けた伸びやかで気さくでヘルシーでといったイメージがあります。

著者が南仏で過ごし、そんな美味しい料理を紹介しておられる一冊です。

温かみのある挿絵もふんだんに添えられ、ややメルヘンぽい雰囲気もあります。

著者は料理人で、執筆当時は六本木に「ビストロ・シマ」という店をやっておられました。

現在は料理研究家としてご活躍なさっておられるようです。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする