2015年05月04日

「天皇の料理番」杉森久英

Cimg2589

小さい頃から強情だった秋沢篤蔵。

いちど言い出したら聞く耳持たなくなり、なにがなんでも貫き通そうとします。

坊さんのスタイルに憧れ寺へ入ったものの悪さが過ぎて追放。

その後仕出し料理屋に養子に出されるのですが、納品のため訪れた歩兵連隊で生まれて初めてカツレツという料理に出会います。

あまりの美味しさに感動したこれをきっかけに、篤蔵は西洋料理の道に進むことを決意します。

福井県の武生からいざ東京へ。

まずは華族会館という皇族や華族を相手に料理を出す所に入門することになります。

負けん気の強さ、人一倍努力する一本気な性格で、めきめきと頭角を現していく篤蔵。

そしてやはり本場のフランスで勉強しなければとパリへ。

修行して数年、天皇の料理番をして欲しいという話が持ち込まれます・・・・。

タイトルの通り長年にわたり天皇の料理番を勤めた秋山徳蔵氏をモデルとした伝記小説です。

35年前にテレビドラマ化されましたが、最近になってまた再ドラマ化されたとのこと。

そんな話を聞いて、そういえば数年前に購入したまま積ん読状態だったなと引っ張り出してきて読んでみた次第。

ある意味成り上がりな内容なわけですが、本人の筆ではなく小説仕立てですので嫌味なくドラマとして読めます。

篤蔵の人間的魅力がいい。

そして当時の料理界や皇室の内情、時代背景を知ることができるのは作者の取材の功績でありましょう。

550ページの分厚い本ではありますが、読みやすく面白く、するするとページが進んでいきました。

ラベル:グルメ本 小説
posted by たろちゃん at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 『す』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする