2015年05月16日

「半島を出よ(上・下)」村上龍

Cimg2597

Cimg2596

時代は2011年。

経済破綻した日本は失業者が溢れています。

そんな中、武装した北朝鮮のコマンド9人が九州に上陸。

彼らは北朝鮮の反乱軍を名乗り、試合中の福岡ドームを占拠します。

そして2時間後には500人の特殊部隊が複葉機で次々と到着。

福岡市の中心部を制圧します。

その後12万人の本隊も到着するというのです。

なすすべのない日本政府は福岡を封鎖。

事実上反乱軍の占領下となります・・・・。

退廃した日本を舞台にした近未来的な設定です。

もし北朝鮮が日本に攻め込んできたら。

それに対しての日本政府の愚かな対応、頼みの綱のアメリカの反応。

まさかとは思いますが、でもありえそうにも思われるのは作者の筆力でしょうか。

ドームが占拠されたときの観客たちの反応など、思いっきり日本の平和ボケを皮肉っていますしね。

反乱軍に対して立ち上がるのはアウトローな若者たちの集団です。

頼りにならない日本政府を尻目に、彼らは福岡そして日本を救うことができるのか・・・・。

私はむしろ北朝鮮軍に感情移入して読んだのですが、読み方としてはどうでしょうか。

毅然とした行動を取れずあたふたしている日本人よりも、ストイックで規律ある行動をする純朴な彼らに共感を覚えました。

しかし力作ですね。

上下巻あわせて1000ページを超え、改行が少なくみっちりと文字が埋まっています。

ですがほとんど苦にならず読めました。

若者たちのシーンがちょっとだるかったかな。

ただ登場人物がやたらに多く、さすがにそれぞれの人物は描ききれていませんでした。

まあ作者が登場人物すべてに責任を持つ必要もないでしょうけど。

読む価値ありの一冊だと思います。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする