2015年07月21日

「朝倉恭介 <Cの福音・完結篇>」楡周平

Cimg2627

シリーズ第6弾。

いよいよシリーズ最終巻となりました。

この巻で初めて朝倉恭介と川瀬雅彦が接点を持ちます。

雅彦はコカインの取材でコロンビアへ行くことになります。

ですがヘリコプターがトラブルで墜落。

雅彦とパイロットは九死に一生を得ます。

運ばれた病院の隣のベッドで痛み止めのモルヒネでうなされるパイロットの口からアサクラキョウスケという名前が漏れ、しかもマフィアを壊滅したというような内容を口にするのです。

パイロットは以前に恭介と組んで裏切り者のマフィアを壊滅させたギャレットでした。

雅彦のジャーナリストとしての本能が立ち上がり、アサクラキョウスケなる人物を追いかけることにします。

いっぽう恭介はCIAの監視をくぐりながら休息していましたが、マフィアのボスであり父親代わりであり恩人でもあるファルージオが亡くなったという知らせを受けます。

どうやらそのあたりから恭介の歯車が狂い始めるのです。

自ら築いてきたコカイン密輸のシステムを破棄することにした恭介は日本に戻り、恭介が留守のあいだに日本でのビジネスを任せていた田代をフロリダで保養させ、組織の手で始末させます。

恭介がいないのをいいことに好き勝手なことをやっていたからです。

しかしコカインの密輸をストップするよう組織に指示したにもかかわらず、手違いで日本に向かってしまったとの連絡が。

田代がいなくなったので恭介自ら密輸されたコカインをピックアップしなければなりません。

そんな状況の中であるルートから恭介のメールアドレスを手に入れた雅彦からメールが届きます。

『俺はすべてを知っている』と。

動揺する恭介。

何度かメールのやり取りのあと電話を交わし、恭介は雅彦を始末するために会うことにします。

そんなやりとりを傍受したCIAが恭介捕獲に乗り出し・・・・。

まず思いましたのは、恭介のマヌケぶりです。

特に雅彦のメールを受け取ってからの行動はアホの一言です。

雅彦とのやりとりもそうですし、コカインのピックアップに向かう展開などただのコソ泥レベル。

これって作者が恭介のキャラを無視して話の展開を優先させていると思います。

というか、恭介は『悪のヒーロー』なんて設定になっていますが、元々あまりキャラが立っていないと思うんですよね。

シリーズ第1弾からずっと読んできまして雅彦にしても然りで、どちらも主人公を張るほどのキャラではありません。

ドラマや映画でいえば2流の役者だと思います。

ラストもなんですか、ありゃ。

その他にもいろいろとあり、最終巻はちょっときつかったですねぇ。

まさか続編なんて出さないでしょうね。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 『に』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

「おすすめ文庫王国2014」本の雑誌編集部

Cimg2621

2013年度に出版された文庫本のベスト10特集です。

いろんなジャンル、そしてテーマ別にベスト10を選出しています。

もちろんそれは各選者の主観によるものですけどね。

本好きにとってはこういうのはとても楽しい。

こんな本があったのかという発見がありますし、知っていても食指が動かなかった本に改めて興味を持ったり。

「そういえばこの本購入してたぞ」なんて未読の山の中から引っ張り出してきたり。

ときどきページをめくりつつ、今後の読書の参考にしたいと思います。

ラベル:書評・作家
posted by たろちゃん at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ほ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

「地獄変」芥川龍之介

Cimg2622

芥川の代表作はと問えぱ、いろんな作品が答えとして返ってくると思います。

中でも表題作の「地獄変」は最初に指を折る作品のひとつではないでしょうか。

高名な絵師である良秀が、あでやかな上﨟が猛火の檳榔毛の車の中で悶え苦しんでいる絵を描きたいのだが、どうしても描けないと大殿様に申し出ます。

実際に檳榔毛の車を燃やしてくれないかと。

大殿様は了承し、檳榔毛の車と女を用意します。

しかしその女というのが大殿様の小女房に上がっていた良秀の一人娘でした。

溺愛する一人娘が檳榔毛の車の中で猛火に包まれ悶え苦しみます。

その姿を見た良秀は・・・・。

なんともまあ、天才肌の職人の狂気なことといったら。

自分の求める絵のために溺愛する一人娘さえ犠牲にする。

壮絶ですね。

この作品集にはその他「羅生門」、「鼻」、「芋粥」、「蜘蛛の糸」、「トロッコ」など代表作がずらり。

中でも私は初めて読んだのですが、「奉教人の死」がなかなかよかったです。

どれを読んでもさすが芥川ですね。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

「続・にっぽん蔵々紀行」勝谷誠彦

Cimg2623

タイトル通り「にっぽん蔵々紀行」の続編です。

いろんな日本酒の蔵を巡る旅ですが、あしかけ8年とのこと。

お疲れ様でございました。

今回は日本酒だけではなく焼酎の蔵も訪ねておられます。

鹿児島県は日本で唯一日本酒の蔵がないんですね。

そして沖縄に日本酒の蔵があるということも初めて知りました。

最近はあまり日本酒の人気がないようですが、それはやはり質のよくない酒が出回っているせいでしょう。

ちゃんとした美味しい日本酒は目を見張りますもんね。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

「虹色天気雨」大島真寿美

Cimg2624

早朝に幼馴染みの親友である奈津から電話を受けた市子。

小学生の娘、美月を預かってほしいと。

寝ぼけていてわけがわからないままに引き受け、やってきた美月に事情を訊いてみるとどうやら奈津の夫である憲吾が家を出て行方不明とのこと。

憲吾を探すために奈津は出かけたというのですが、2日後に帰宅。

心当たりを回ったものの行方はつかめませんでした。

さて憲吾の失踪の原因は何か。

やはり女でしょうか。

市子、まり、ゲイの三宅ちゃんなどが奈津を支えます・・・・。

大雑把に言えば女性の友情と恋愛の物語ですね。

この作品では市子の元カレ、まりの彼氏、そして失踪した憲吾など、男性たちはどれもあまりいい描き方をされていません。

身近な存在で話のわかる男性の三宅ちゃんはゲイですし。

夫や彼氏という存在が女性が生きていく上でさほど重要ではないのかなという印象を受けます。

美月にしても父親が失踪したからといってさほど落ち込むわけでもなく。

ラストシーンでは父親がいなくても娘は元気に育つんだなぁと。

ろくでもない男ならいないほうがましなんだなと、そんなふうに思えました。(笑)

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする