2015年07月11日

「不思議の国の男子」羽田圭介

Cimg2625

「おれ」こと遠藤は男子校の高校1年生。

年下ということを隠して女子校3年生のナオミと付き合っています。

ラブホテルでSMならぬSSプレイをする仲ですが、まだ童貞と処女です。

学校の友人たちも皆童貞。

しかも仮性包茎。

集まればその話題でもちきりです・・・・。

男子高校生の性をテーマにした青春小説です。

この連中、とにかく集まれば包茎だ仮性だ真性だなどというような話をしていますが、こんな男子高生おらんでしょ。(笑)

そりゃ男が集まれば下ネタな話題にもなります。

特に高校生ともなれば興味津々。

しかしこんなに包茎に特化した話題ばかりいつもいつもなんてあり得ない。

作者の高校生時代はそうだったのかもしれませんけども。

まあ元々のタイトルは「不思議の国のペニス」なんですけどね。

普通は自分の性器のことなんかより女の話題です。

それとも昔と違いインターネットで無修正の画像や動画を当たり前に観ることができる昨今、女の体よりも自身の性器のほうが関心事なんでしょうか。

この小説内のエピソードというのはすべてが仮想なんですよね。

遠藤と彼女の関係がまずそう。

ラブホテルでコスチュームつけてSSプレイなんてことを演技しています。

ですが肝心のセックスはしていません。

友人たちも理屈だけはいっちょまえですが経験はない。

後半遠藤たちがライブをするんですけど、演奏はすべてエアー。

やはり上辺だけで中身がない。

そして仮性包茎。(笑)

大人になるまでの通過点であるガキンチョの象徴として仮想であり仮性包茎なんでしょうか。

でもやっぱりこの設定はいただけませんね。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする