2015年07月21日

「朝倉恭介 <Cの福音・完結篇>」楡周平

Cimg2627

シリーズ第6弾。

いよいよシリーズ最終巻となりました。

この巻で初めて朝倉恭介と川瀬雅彦が接点を持ちます。

雅彦はコカインの取材でコロンビアへ行くことになります。

ですがヘリコプターがトラブルで墜落。

雅彦とパイロットは九死に一生を得ます。

運ばれた病院の隣のベッドで痛み止めのモルヒネでうなされるパイロットの口からアサクラキョウスケという名前が漏れ、しかもマフィアを壊滅したというような内容を口にするのです。

パイロットは以前に恭介と組んで裏切り者のマフィアを壊滅させたギャレットでした。

雅彦のジャーナリストとしての本能が立ち上がり、アサクラキョウスケなる人物を追いかけることにします。

いっぽう恭介はCIAの監視をくぐりながら休息していましたが、マフィアのボスであり父親代わりであり恩人でもあるファルージオが亡くなったという知らせを受けます。

どうやらそのあたりから恭介の歯車が狂い始めるのです。

自ら築いてきたコカイン密輸のシステムを破棄することにした恭介は日本に戻り、恭介が留守のあいだに日本でのビジネスを任せていた田代をフロリダで保養させ、組織の手で始末させます。

恭介がいないのをいいことに好き勝手なことをやっていたからです。

しかしコカインの密輸をストップするよう組織に指示したにもかかわらず、手違いで日本に向かってしまったとの連絡が。

田代がいなくなったので恭介自ら密輸されたコカインをピックアップしなければなりません。

そんな状況の中であるルートから恭介のメールアドレスを手に入れた雅彦からメールが届きます。

『俺はすべてを知っている』と。

動揺する恭介。

何度かメールのやり取りのあと電話を交わし、恭介は雅彦を始末するために会うことにします。

そんなやりとりを傍受したCIAが恭介捕獲に乗り出し・・・・。

まず思いましたのは、恭介のマヌケぶりです。

特に雅彦のメールを受け取ってからの行動はアホの一言です。

雅彦とのやりとりもそうですし、コカインのピックアップに向かう展開などただのコソ泥レベル。

これって作者が恭介のキャラを無視して話の展開を優先させていると思います。

というか、恭介は『悪のヒーロー』なんて設定になっていますが、元々あまりキャラが立っていないと思うんですよね。

シリーズ第1弾からずっと読んできまして雅彦にしても然りで、どちらも主人公を張るほどのキャラではありません。

ドラマや映画でいえば2流の役者だと思います。

ラストもなんですか、ありゃ。

その他にもいろいろとあり、最終巻はちょっときつかったですねぇ。

まさか続編なんて出さないでしょうね。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 『に』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする