2015年08月04日

「TOKYOオリンピック物語」野地秩嘉

Cimg2636

2020年に2度目の東京オリンピックを控えていますが、この本は1964年に開催された最初の東京オリンピックの物語です。

といいましても各競技の選手たちがどうのこうのな内容ではありません。

オリンピックを支えた裏方の人たちの物語です。

ポスターやシンボルマークを作ったデザイナー、リアルタイムシステムを作ったシステムエンジニア、選手村で1万人の食事を作った料理人、警備を受け持った民間初の警備会社、記録映画としてフィルムに収めた監督やキャメラマン、ピクトグラム(施設案内の絵文字)を作ったグラフィックデザイナー・・・・。

そんな人たちのオリンピック成功にかける意気込みがひしひしと伝わってくるエピソードです。

現在2020年東京オリンピックのシンボルマークがどうこうと問題になっていますが、このオリンピックのシンボルマークというのは1964年の東京オリンピックが最初なのだとか。

リアルタイムシステムにしても瞬時に着順やタイムや選手名などが各会場に送られる。

これも東京オリンピックが初。

現在はこのノウハウがあらゆるところで活かされています。

選手村の食事にしても冷凍食品を導入。

でないと1万人の食事は賄えません。

臭くてまずいといわれていた冷凍食品を飛躍的に改善させます。

今では普通に見かける民間の警備会社もこのオリンピックで注目され、大きな業界へと成長します。

記録映画も市川崑監督をはじめとして、錚々たるキャメラマンが集結。

大ヒットを記録します。

ピクトグラムは世界各国から集まる人たちを絵で案内しなくてはなりません。

現在このジャンルがいちばん発達しているのは日本だそうですね。

インターネットの絵文字を見てもそれは伺えます。

漫画という突出した文化を持つ日本ならではでしょうか。

さすがだと思います。

オリンピックというとまず活躍した選手や記録が取り上げられますが、このような人たちの努力も大いに評価されなければなりません。

著者らしい一冊だと思います。

posted by たろちゃん at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 『の』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする