2015年10月11日

「そんな食べ方では もったいない!」山本益博

Cimg2676

「おいしいものを食べる」ことよりも「いかにおいしくものを食べるか」のほうがよほど大事だと著者は言います。

料理を作るのに技術がいるように、食べるにも技術がいるのだと。

20年以上(この本が出版されたのは06年。なので現在では30年以上)料理評論家という職業をやってこられたのは、何人もの食べることの師匠に出会ったからだそうです。

その多くは作る側の料理人でした。

この本ではそんな5人の師匠を紹介しておられます。

「弁天山美家古寿司」四代目内田榮一、料理研究家辻静雄フランス料理人ジョエル・ロブション、割烹「千花」主人永田基男、「すきやばし次郎」小野二郎。

内田氏は10代で出会った最初の師匠です。

辻氏に著者が影響を受けてフランス料理に興味を持ち、フランスを食べ歩いたのは有名な話。

ロブション氏を初めて日本に招いたのは辻氏です。

3度目の来日のときに日本に向かうロブション氏をロブションの店に向かう著者が乗り換えのアンカレッジで偶然見かけ、声をかけて出会ったなんて話はドラマですね。

永田氏には毎月京都に通い1年間12ヶ月の日本料理を徹底的に教えてもらっておられます。

小野氏に関しましては「次郎」といえばマスヒロ氏というくらい、かなり肩入れしてこられました。

ミシュランの3ッ星獲得も著者の影響が大きいとまで噂されたことがあります。

ですが著者が「次郎」を評価したのは昨日今日の話ではなく、料理評論家としてデビューした82年に出版の「東京味のグランプリ」ですでに最高の評価を与えておられます。

まったく一見の立場で店に飛び込み、お金がないので注文するのは6貫だけ。

最初はそんなことを続けてこられました。

お金がなくともこれはという店(料理人)にはしがみついておられたわけですね。

そして今があるわけで、そのあたりは現在において裕福な経済力と溢れる情報を享受して食べ歩いている人たちや、経費で取材しているライターとは心構えが違いました。

なので単なるミーハーな食べ歩きや取材で訪れる人たちとは店の人の見る目も違いましょう。

しかし最近の著者には当時のような雰囲気がないのは残念です。

タダ飯疑惑なんてのもありますし。

料理評論家の肩書きがある著者ですが、この人の興味の対象は料理そのものではなく、その料理を作っている人への興味です。

料理の向こうに人を見ておられます。

職人仕事への尊敬と敬意ですね。

料理人を職人として取り上げ、惚れ込んで懐に入ってその人を描くということにおいては著者は貴重な存在です。

願わくば、昔の姿勢を取り戻していただきたいと思います。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする