2016年02月17日

「そうだったのか! 現代史」池上彰

Cimg2730

歴史もそうですが現代史もやはり知らないことが多すぎます。

知らないというよりは忘れてしまっているんですね。

学校で習っているはずのこと、その当時新聞やニュースで見聞きしていたはずのことなど、「そういえばあれはいったいどういうことだったんだろ」と今になってよくわからなかったりします。

例えばなぜ中東はつねに揉めているのか。

朝鮮半島はなぜ38度線で南北に分かれているのか。

ベトナム戦争の原因はいったいなんだったのか。

ベルリンの壁は東西ドイツの国境にあったのではなかったのか。

などなど。

以前に別の著者ですが日本史の本も読みましたけど、ああそうだったなと思い出したり初めて知ることだったり。

そのようなことを知らなくても日々の生活はできるわけですが、やはりこういうのは知識としてきっちりと持っておきたいですね。

posted by たろちゃん at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする