2016年02月19日

「白蝶花」宮木あや子

Cimg2729

4編が収録された連作短・中編集です。

大正から平成までの女性が描かれています。

家が貧しいため芸妓として売られ、年老いたやくざの組長である吉岡の妾となった菊代。

しかし吉岡と兄弟盃を交わしている組の跡取りである黒田と関係を持ってしまいます・・・・。(天人菊)

会社を潰し家を潰し、自殺した父親に妾として売られた泉美。

旦那の息子を愛してしまい、身篭ってしまいます・・・・。(凌霄花)

奉公先で和江という気難しいお嬢様に仕える事になった千恵子。

和江の力になりたいと思う日々の中で、住み込みの書生と恋仲になります。

それがきっかけで、いっときは心を開いてくれていた和江が心を閉ざしてしまいます・・・・。(乙女椿)

最後の「雪割草」の舞台は現代。

前3編がたどり着いた“今”があります・・・・。

全体の半分以上の枚数を「乙女椿」が占めています。

この作品集のメインですね。

戦争という愚かな行為が影を落としています。

愛する男が赤い紙切れ1枚で戦地に駆り出されるのです。

自分を残して、お腹の中の子供を残して。

現在では考えられないあまりにも理不尽な時代です。

作中で千恵子は思います。

特攻隊のことをこれは神であり生死を超越しているなどとという栗原大佐に対して、そう思うのならばまずは自分が回天に乗ればいい、敵基地へ散る純白の華になればよいと。

真っ当な主張です。

くだらない幹部連中はどれだけの尊い若者たちの命を犠牲にしたのか。

どれだけの女と子供たちを不幸にしたのか。

そんな主人公(作者)の主張が聞こえてきます。

そのような時代や男尊女卑の時代を懸命に生き、男を愛した女たちの物語です。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする