2016年04月19日

「実践 料理のへそ!」小林カツ代

Cimg2771

料理のツボといいますかコツといいますか。

そういうのを紹介しておられます。

紹介されているのもシンプルな料理です。

でもツボを抑えることによって手間をかけずに美味しく仕上がりますよと。

そして実践においてのテクニックですね。

ごはんを炊くときにちょっと塩と酒を入れるといいですよとか、だしを取るとき煮干しは水からというけども煮立ってから入れようが変わりはないとか。

昆布や鰹節は煮立ててもいい、ぎゅっと絞ってもいいとか。

その他調味料や道具についてもちょっとした豆知識が書かれています。

魚を使ったまな板を洗うときは必ず水でとか。

文体がちょっと馴染めませんけども、ためになり楽しく読めました。

台所に置いておくと便利かもしれませんね。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 『こ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする