2016年05月31日

5月の一冊

今月の読書は以下の15冊でした。
 
・「週刊ブックレビュー 20周年記念 ブックガイド」 
・「黒笑小説」東野圭吾
・「食堂つばめ」矢崎在美
・「水滴」目取真俊
・「はじめての恋でした」水城夕
・「エレクトラ 中上健次の生涯」高山文彦
・「剣客商売 暗殺者」池波正太郎
・「ラーメン屋の行列を横目にまぼろしの味を求めて歩く」勝見洋一
・「書店ガール3 託された一冊」碧野圭
・「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」山田真哉
・「超・居酒屋入門」太田和彦
・「お寿司、地球を廻る」松本紘宇
・「植物図鑑」有川浩
・「掌の小説」川端康成
・「核と女を愛した将軍様 金正日の料理人「最後の極秘メモ」」藤本健二

「週刊ブックレビュー 20周年記念 ブックガイド」、テレビでやっていた書評番組の書籍化です。

20年分のデータがたっぷりと詰まった一冊。

「黒笑小説」、もっとブラックでひねりのある内容かなと思ったのですが。

ちょっと期待しすぎましたかね。

「食堂つばめ」、ややファンシーな食べ物小説。

シリーズですので続きを読んでいきたい。

「水滴」、シュールで怖くて悲しい話です。

芥川賞受賞作。

「はじめての恋でした」、素人以上プロ未満なエタニティ文庫。

この作品もまさしくです。

「エレクトラ 中上健次の生涯」、不世出の作家中上健次の生涯を綴ったノンフィクション。

保存版な一冊です。

「剣客商売 暗殺者」、シリーズ14弾です。

小兵衛の言動にも変化があり、いよいよ終わりに近付いてきたかなという印象。

「ラーメン屋の行列を横目にまぼろしの味を求めて歩く」、本物の味がまぼろしとなりつつある昨今。

しかしラーメン屋は若い連中に人気という皮肉。

「書店ガール3 託された一冊」、書店を舞台に女性の仕事を描いたシリーズ。

今回は東北の震災を扱っておられます。

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」、会計学と聞くとなんだかややこしそうですが。

この本では実に読みやすく面白く解説されています。

「超・居酒屋入門」、本来高級店などと違って気楽に酒を楽しめるのが居酒屋であるはずで。

それをこういう“道”にしてしまうのは野暮なはずなんですけどね。

「お寿司、地球を廻る」、いまや世界的な料理になった寿司。

各国の寿司事情がレポートされています。

「植物図鑑」、この作者の作品の中では阪急電車」に通じる系列になるんですかね。

ほのぼのとした恋愛が心地よい。

「掌の小説」、タイトルからわかるように掌編集です。

あまりよくわからないのもあれば地味に味わい深いものもあり。

「核と女を愛した将軍様 金正日の料理人「最後の極秘メモ」」、金正日の身辺や北朝鮮の内情を公開した貴重な本です。

評論家などの立場ではなく、将軍の身近で接してきた見聞が迫真です。

さてさて。

今月の読書はまずまずな印象でした。

小説もノンフィクションも手応えあったのが何冊か。

そんな中から候補を上げましたら、「書店ガール3 託された一冊」と「植物図鑑」です。

「書店ガール3 託された一冊」はシリーズですがレベルが安定していますし毎回進歩もあります。

「植物図鑑」はそこらに生えている植物をモチーフにした眼の付け所が新鮮でいい。

しかも恋愛を描きつつ最近流行の料理小説に仕上げて。

作者の上手さと作風の広さに参りました。

ということで、今月の一冊は「植物図鑑」に決定。

Cimg2799

posted by たろちゃん at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする