2016年06月02日

「晴天の迷いクジラ」窪美澄

Cimg2793

デザイン会社に勤める由人は24歳。

といっても古ぼけた雑居ビルにある、48歳の女社長の野乃花を含め社員8人の小さな会社です。

しょっちゅうミスをやらかして社長から罵倒される毎日。

どうにか辞めずに耐えているのはデザインが好きだし、東京にはミカという彼女がいるから。

いまさら田舎に戻る気はありません。

ですが彼女にもふられ、ついに鬱病になります。

やがて会社は倒産することになり、由人は野乃花の自殺寸前に出くわします。

それを止めさせ、せめてその前にとニュースで聞いた湾に迷い込んだクジラを見に行こうとなります。

野乃花の故郷である半島に向かう由人と野乃花。

途中でやはり生きることに疲れた女子高生、正子を拾います。

それぞれ希望を失くした3人は湾に迷い込んだクジラを見てなにを思ったのか・・・・。

第1章では由人、第2章では野乃花、第3章では正子。

それぞれをメインにして描かれています。

あたりまえのことなんですけど、それぞれに人生はあるわけで。

それも誰もが輝く毎日を送っているわけではありません。

いや、そんな毎日を過ごしている人なんてほとんどいないでしょう。

ほんと毎日ってつらいですよね。(笑)

私はそう感じています。

第4章では話のまとめに入るわけですが、湾に迷い込んだクジラを目の当たりにし、地元の人たちに触れ、絶望を抱えた3人に陽が当たりじわじわと氷が解けていくような・・・・そんな印象を受けました。

絶望と希望、生の輝き。

つらくてもやっぱり・・・・がんばって生きていきませんと。

なかなか読み応えのある小説でした。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 『く』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする