2016年07月30日

7月の一冊

今月は14冊読みました。
   
・「楽園のカンヴァス」原田マハ
・「四十日と四十夜のメルヘン」青木淳悟
・「有元葉子のごはん上手」有元葉子
・「ユーミンの罪」酒井順子
・「美雪晴れ みをつくし料理帖」高田郁
・「想像ラジオ」いとうせいこう
・「エデン」近藤史恵
・「ファミリー・シークレット」柳美里
・「とことん! とんかつ道」今柊二
・「マンガの現代史」吉弘幸介
・「涼宮ハルヒの暴走」谷川流
・「築地川・葛飾の女」芝木好子
・「コルドン・ブルーの青い空 女ひとり、ロンドン シェフ修行」宮脇樹里
・「崩食と放食 NHK日本人の食生活調査から」NHK放送文化研究所世論調査部[編]

「楽園のカンヴァス」、現実の画家と作品に上手く作者の創作を絡めて。

わくわくと読めた絵画ミステリーでした。

「四十日と四十夜のメルヘン」、無限ループから放り出されたような感のある奇妙な話です。

併録された「クレーターのほとりで」もとぼけててよかった。

「有元葉子のごはん上手」、料理するのも食べるのもいろんな楽しみ方がありますけども。

やはり大事なのは基本だなと。

「ユーミンの罪」、著者らしい切り口のユーミン論。

さすがだなと思いました。

「美雪晴れ みをつくし料理帖」、いよいよシリーズも終わりに近づいてきました。

このレベルを維持し続けてきたのはお見事です。

「想像ラジオ」、東日本大震災をちよっとメルヘン(?)的に描いた作品。

なるほどこういうのもありかと。

「エデン」ロードレースを扱ったシリーズ第2弾。

ぐいぐいと読ませます。

「ファミリー・シークレット」、自分の子供への虐待をめぐり、心理カウンセラーを受けた作家の記録。

生々しく自分の心の裡や過去と向き合っています。

「とことん! とんかつ道」、とんかつにこだわって食べ歩いた店紹介。

思わずこちらも食べたくなりました。

「マンガの現代史」、巨大なメディアとなったマンガ。

その歴史や出版界の実情なども。

「涼宮ハルヒの暴走」、人気シリーズ第5弾。

ラノベもなんだかんだと面白いものですね。

「築地川・葛飾の女」、表題作2編ですが、私は後者がよかった。

やっぱり芝木好子はいいですね。

「コルドン・ブルーの青い空 女ひとり、ロンドン シェフ修行」、女性の料理修業記なんですが。

どうも主人公(著者)には馴染めませんでした。

「崩食と放食 NHK日本人の食生活調査から」、飽食の時代といわれ食べることに困ることがなくなった日本。

しかしその実態は・・・・こんなことでいいんでしょうかね。

さてさて、今月はいろいろと楽しめました。

そんな中での候補は「楽園のカンヴァス」、「美雪晴れ みをつくし料理帖」、「築地川・葛飾の女」の3作。

「楽園のカンヴァス」は久々に先が読みたくて気が急いだ作品です。

「美雪晴れ みをつくし料理帖」はいつもながらのいい出来ですね。

「築地川・葛飾の女」は芝木好子らしい世界観がありました。

どれも選びたいところですが、やはり「今月の一冊」というからには一冊に絞らなくてはなりません。

夢中になれた「楽園のカンヴァス」、これですね。

今月の一冊とします。

Cimg2820

posted by たろちゃん at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする