2016年08月27日

「ユリイカ2月臨時増刊号 総特集★中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア」

Cimg2898_2
イラストの世界にも当然流行がありまして、そういえば最近こんな絵をよく見るなというのがあります。

最近ならやはりこの人、中村佑介でしょう。

ミュージシャンのアルバムのジャケットや本の表紙などで誰もが目にしたことがあるんじゃないでしょうか。

ポップだけどノスタルジック、カラフルだけどアメコミのようにケバくない。

モチーフの組み合わせが大胆で奇抜。

でも見事にバランスが取れています。

そしてなんといっても女の子が魅力あります。

ラインがなまめかしくていいんですよねぇ。

このあたりの柔らかな色気というのは、例えば江口寿史の絵には無いように思います。

林静一の系列ですね。

で、やはりこういう天才の登場にはパクリな人たちが現れるわけで。

よく似た絵で堂々とプロとして仕事をしています。

具体的に名前は出しませんけども。

ようやるわと思います。(笑)

まあそれほど魅力のある絵であり、多くの人たちに大きな影響を与えたということです。

この本では中村氏へのインタビュー、イラストレーターや漫画家との対談、いろんな人たちの寄稿、習作時代の作品なども掲載されています。

中村佑介を堪能できる一冊です。

posted by たろちゃん at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする