2016年08月31日

8月の一冊

今月は以下の15冊を読みました。

・「風立ちぬ・美しい村・麦藁帽子」堀辰雄 
・「戦争の話を聞かせてくれませんか」佐賀純一
・「人間はこんなものを食べてきた 小泉武夫の食文化ワンダーランド」小泉武夫
・「東京すみっこごはん」成田名璃子
・「井狩春男のヘンテコ本が好きなんだ」井狩春男
・「藝人春秋」水道橋博士
・「恋する空港 あぽやん2」新野剛志
・「まだまだ酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く」大竹聡
・「頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ」雁屋哲
・「まどろむ夜のUFO」角田光代
・「本棚探偵の回想」喜国雅彦
・「いっぽん桜」山本一力
・「日本ふーど記」玉村豊男
・「ユリイカ2月臨時増刊号 総特集★中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア」
・「パリのレストラン」ローラン・ベネギ

「風立ちぬ・美しい村・麦藁帽子」、美しい作品ではあります。

しかしさすがに今読むとちょっとそぐわないですね。(笑)

「戦争の話を聞かせてくれませんか」、戦争というとんでもない体験をした人たちのからの聞き書き。

これはぜひ記録として残すべき貴重な証言集です。

「人間はこんなものを食べてきた 小泉武夫の食文化ワンダーランド」、現代の食生活は乱れています。

昔からの食を振り返り見直すべきではないでしょうか。

「東京すみっこごはん」、グルメ小説です。

地味ではありますが心温まるような話です。

「井狩春男のヘンテコ本が好きなんだ」、その名の通りいろんなヘンテコ本を紹介した一冊。

さほどヘンテコでもないのも多数掲載されていますが。

「藝人春秋」、芸能人たちのエピソードを語らせたらやはりこの人ですね。

楽しく読めました。

「恋する空港 あぽやん2」、空港を舞台にしたお仕事小説第2弾。

主人公の前向きさが私は好きになれませんが、それを言っちゃおしまいか。(笑)

「まだまだ酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く」、酒飲みというのはなんでこうなのか。

反省・・・。

「頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ」、漫画界にグルメというジャンルのレールを敷いた功績のある原作者ではありますが。

正直言ってイタイです。

「まどろむ夜のUFO」、今の作風からすると文学的であろうと意識しすぎていたのかな。

そんな印象を持ちました。

「本棚探偵の回想」、相変わらず面白い。

ミステリーファンもそうでない人もぜひ。

「いっぽん桜」、短編集です。

この作者らしい人情味のあるいい作品集でした。

「日本ふーど記」、日本全国郷土料理の食べ歩き。

羨ましいですが、これはこれで苦労がおありだったようで。

「ユリイカ2月臨時増刊号 総特集★中村佑介 イロヅク乙女ノユートピア」、人気イラストレーター中村佑介の特集です。

いろんな角度から氏を知ることができます。

「パリのレストラン」、閉店するレストランの一夜の物語。

ほのぼのと温かい。

さてさてこの中から今月の一冊ですが。

やはり今回は「戦争の話を聞かせてくれませんか」が重かったですねぇ。

今後戦争を知らない世代ばかりになってしまいます。

これはぜひ語り継がれていかなければならない体験でしょう。

今月の一冊はこれです。

Cimg2846

posted by たろちゃん at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする