2016年10月10日

「深夜食堂の勝手口」堀井憲一郎 協力◎安部夜郎

Cimg2940

人気グルメマンガ「深夜食堂」の副読本といいましょうか。

本編に出てきた料理をテーマに著者がエッセイを書いておられます。

例えば最初は『赤いウインナー』。

本編でも第一夜がこれでした。

赤ウインナーといえば当然タコさんウインナーですね。(笑)

これを地元ヤクザの幹部が好んで食べるという話でした。

こちらの本ではエッセイの内容は特に本編とは関係なく、それぞれの料理について本編のカットを数点添え、カラー写真付きでレシピを紹介しています。

タコさんウインナーや猫まんまにレシピもなにもないですけどね。

グルメマンガにもいろいろありまして、ウンチク系、バトル系、B級グルメ系、などなど。

この「深夜食堂」はほのぼのB級グルメ人情系とでもいえますかね。

あまりゴチャゴチャと料理についてのウンチクを垂れたり熱く戦うのはもういいかなと。

こういう日常の料理を扱った身近な話がしみじみいいですね。

あ、本編だけでなくこちらの本も面白いですよ。

小林薫や松重豊らのお気に入り料理紹介ページもあります。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ほ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする