2016年12月09日

「私の大好物」週刊文春 編

CIMG2953.JPG
各界の著名人たちが紹介する大好物。
オールカラーです。
こうやって見ますとほとんどがいわゆるB級グルメの類といえます。
やはり大好物というからには何度も足を運んだり購入したりするわけで、そうなるとご大層な高級店のなんたらよりも大衆的な食べ物ということになるのでしょう。
身近な食べ物がいちばんです。
こういう企画は写真がないとだめですね。
文章だけでは物足りません。
写真というビジュアルの持つインパクト、説得力。
しかし白黒ではいけません。
それならむしろ載せないほうがまし。
白黒の料理写真ほど味気ないものはない。
ページをめくるたびに唾液がじゅわじゅわと溢れ、お腹がグーと鳴る一冊です。(笑)
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする