2017年01月10日

「こたつ」原宏一

CIMG3006.JPG
美津子にプロポーズした“おれ”。
しかし美津子は黙り込んでしまいます。
ようやく口を開いて出てきた言葉は「むずかしい家なのよ、うちって」。
実は美津子は全国的にも名の知れた由緒正しい家元のお嬢様だというのです。
詳しく訊いてみると、なんと実家は『こたつ道』の総本家とのこと。
大事な跡取り娘であるからして、結婚相手は家元が認めた師範級の人物でなければならないのです。
『こたつ道』がどのようなものかわからないおれですが、勢いでおまえと一緒になるためなら師範になってやると宣言します。
そしてこたつ修行が始まるのですが・・・・。
作者の原宏一氏といえば、購入したマイホームの床下に仙人のような風貌をした男が住居を作って住み着いていたという「床下仙人」や、ファミレスなどに押され寂れていく一方の大衆食堂業界が起死回生策としてかつ丼推進キャンペーンを企画する「かつどん協議会」など、ユニークな設定が持ち味の作家さんです。
今回は『こたつ道』。
これがまたしっかりと作法のディティールが作り込まれているんですね。(笑)
『片手三寸足払い』、『序寒』、『火くべ』、『掛け』、『入り』、『呆』、『悦』、『抜き』・・・・。
華道や茶道のように、本当にこのような伝統芸道があるのかと思わせられます。
話もドタバタに展開するわけではないので、妙なリアリティがあるんですよね。
そのぶん小じんまりとした印象で突き抜け感はありませんが、もちろんベクトルはそちら方面ではありませんのでこれで結構。
他、関東のはずれにある港町の町長が町のハリウッド化をぶち上げる「町営ハリウッドムービー」が収録されています。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする