2017年02月03日

「少女マンガ家ぐらし」北原菜里子

CIMG2995.JPG
マンガ家が書く本といえば、本業のマンガを除きまして大きく2種類あります。
まずは「マンガ家入門」といった類いの本ですね。
マンガを描くためのノウハウが書かれた技術書です。
原稿用紙のサイズはB4です、用紙にはケント紙、画用紙、模造紙などがあります、ペン先にはかぶらペン、Gペン、丸ペンなどがあります、といった道具の紹介。
そしてコマ割り、構図、効果線、スクリーントーンの使い方云々・・・・。
こういう本はたいがい大御所ですね。
石ノ森章太郎の本が有名ですが、手塚治虫藤子不二雄なんかも出しておられます。
そしてもうひとつはエッセイ。
これもやはり大御所が多い。
なので時代は昭和、トキワ荘が必ず出てきたりきます。(笑)
地元の田舎でマンガに出会い、マンガ家を目指して上京。
四畳半のアパートでひたすらマンガを描いていた云々・・・・。
マンガにかけた青春期といったところ。
自伝ですね。
で本書なのですが、そのどちらでもありどちらでもなく、ちょっと今までになかったかなといった内容です。
タイトルの通り、少女マンガ家はどのような暮らしをしているのかと。
技術的な指南もあり自伝的な内容でもあるのですが、もっと具体的日常的にマンガ家というのは普段どのような生活をしているのかといったようなことが書かれています。
もちろんそれはマンガに関わる範囲内でのことですけど。
大先生のお話を伺うというよりも、友人のマンガ家に話を聞くという感じでしょうか。
なので現在マンガ家を目指しておられる人には、けっこういい刺激になり勉強にもなるように思います。
憧れの存在がぐっと身近に感じられるといいますか。
この本が出版されたのは1993年。
私はこの著者のお名前を知らなかったのですが、さほど大きな作品を残したわけでもなく、現在は活動しておられないようですね。
しかしこのような本を書いた人でも、10年後20年後にはどのようになっているのかわからない。
そういう世界です。
この本プラスその後の消息を含め、まさにマンガ家ぐらしがどういうものかを物語っているのではないかと。
ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『き』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする