2017年02月23日

「中国で、呑んだ! 喰った! キゼツした!」江口まゆみ

CIMG3012.JPG
通訳やコーディネーターを一切介さず、丸腰で現地の人の中に入って、酒を飲んでくる。
これが著者の取材のモットーだそうです。
しかも中国の奥地にまで出かけていくのですからハンパではありません。
少数民族の多い南部へと旅立ち、言葉が通じないながらも身振り手振りで現地の人に地酒を所望し、一緒に飲んで酔っぱらう。
実に豪快ではないですか。
土地柄ということもあるのでしょうか、読んでいますと皆さん快く受け入れてくださっているようです。
やはり酒は人をつなぐのでしょうか。(笑)
よく飲み屋なんかで初めて会った見ず知らずの人と仲良くなって盛り上がったりしますもんね。
それの国際版といいますか冒険版といいますか。
私など小心者で出不精なのでこんな行動はぜったいに無理です。
ちなみにこの本で紹介されている白酒の高級酒『五粮液』は、著者が日本に紹介したとのこと。
しかし知名度アップとともに値段が高騰してしまったとか。
本書で紹介せず、隠れた中国の銘酒としておいたほうがよかったかもと、ちょっと後悔しておられたり。
そう、こういうことってありますよね。
紹介するとハイエナのように一気にたかってくる人たち。(笑)
一般には知られていなかったお気に入りの店なんかも、ネットで紹介したとたんわやくちゃにされます。
土足で踏み込んでくるような連中の多いこと。
私も何度もそういう経験がありますね。
それはともかく、この著者、現地の人に交じってよくもまあ飲んで食べたことよ。
あっぱれ。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする