2017年05月10日

「割り箸はもったいない? 食卓からみた森林問題」田中淳夫

CIMG3065.JPG
いっときマイ箸というのが流行りました。
今はどうなんですかね。
以前ほどは聞かなくなりましたが。
飲食店で割り箸を使うのがもったいないということで、自分の箸を持ち歩き外食で使用していたんですね。
ま、使い捨てるのがもったいないからという主張はわからないでもない。
ですが、割り箸は森林を破壊しているなんてことを主張してマイ箸している人もいました。
こういう人たちには私も片腹痛い思いをしていました。
昔好きだった某ミュージシャンがそれをやっているというのを聞いて、いっぺんに気持ちが冷めたこともあります。
さて割り箸ですが、そもそもは樽や桶を作る際に余った端材の利用が発端です。
つまり廃材利用ですね。
なので国内においては割り箸自体がエコな活動だったわけですが、価格の上昇などで中国など海外産の材料を使うようになり森林破壊を指摘する声が出てきました。
はたしてそうなんでしょうか。
割り箸のおかげで本当に森林が破壊されているのでしょうか。
いったいどれほどの木が割り箸のために切り倒されているというのでしょう。
そして割り箸を塗り箸やプラスチック製に切り替えた飲食チェーンもあります。
それが本当に環境に優しいんでしょうか。
箸を洗うには洗剤もいりますし水も使います。
そちらに対する環境問題はどうなんでしょう。
単純に割り箸は使い捨てだからもったいない、木を切り倒してけしからんなんて問題ではないはずです。
もっと大きな視野で見ませんとね。
ところでマイ箸が言われだしたときにやり始めた人たち、いまだに続いてるんですかね。
それ以来いっさい割り箸は使っていませんというなら、それはそれで立派なことだとは思いますが。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする