2017年05月20日

「味覚を磨く」服部幸應 三國清三

CIMG3060.JPG
著者は服部幸應氏と三國清三氏。
服部氏はマスコミにもよく登場しますね。
料理学校の校長です。
三國氏はレストランのオーナーシェフ。
お二人がそれぞれ味覚や食育について語っておられます。
内容は三章になってまして、第一章では三國氏が、第三章では服部氏が、それぞれ味覚や食育について語っておられます。
第二章はお二人の対談です。
どちらも現在『食育』について活動しておられるんですね。
政治家や学校などに食育の大切さを語りかけ、食の喜びや大切さを伝えておられます。
たしかに日本の現在の食生活はどんどん崩壊しています。
子供や若い人たちの食生活にはぞっとするものがあります。
グルメだなんだといいつつ、その実態は浮ついたバブリーな人たちであふれかえっています。
もっと根本的なところで食というものを考えていきませんと。
美食でなくていいんです。
別に高級店や話題の店で食べなくてもいい。
普段の家庭での食事からきっちりしていきたいものです。
昔ながらの素材と料理法で作った食事をし真剣に食べれば、おのずと当たり前の味覚は身に付くと思いますが。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする