2017年06月29日

6月の一冊

今月読みましたのは以下の14冊です。

・「神酒クリニックで乾杯を」知念実希人
・「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ
・「好かれようとしない」朝倉かすみ
・「すごい! 日本の食の底力 新しい料理人像を訪ねて」辻芳樹
・「買えない味」平松洋子
・「かけおちる」青山文平
・「マンガの遺伝子」斎藤宣彦
・「さいはての彼女」原田マハ
・「怖い絵」中野京子
・「オーシャントラウトと塩昆布」和久田哲也
・「虐殺器官」伊藤計劃
・「活字博物誌」椎名誠
・「魚料理のサイエンス」成瀬宇平
・「かわいそうだね?」綿矢りさ

「神酒クリニックで乾杯を」、初めて読む作家さんです。
ラノベ的な内容でしたが楽しめました。
「わたしを離さないで」、重いテーマを扱っていますが、静謐な筆致で淡々と書かれています。
他の作品も読んでみたいですね。
「好かれようとしない」、ちょっと不器用な女性主人公が魅力。
文章の言い回しも独特のセンスがあっていい。
「すごい! 日本の食の底力 新しい料理人像を訪ねて」、ただ贅沢な食材を使って料理を誇るのは昔の話。
今の料理人の姿がここにあります。
「買えない味」、猫も杓子もグルメだなんだのな昨今。
大枚はたいて贅沢な料理を食べることだけが食の楽しみではないでしょう。
「かけおちる」、愛する男女が逃避する『駆け落ち』。
しかし本来は『欠け落ち』であり、その意味や理由を問うた作品です。
「マンガの遺伝子」、テーマ別に昔からのマンガを検証した一冊。
それぞれのジャンルの変遷を知ることができます。
「さいはての彼女」、都会での息詰まるような仕事の日々。
そんな日常から外れて新しい視点を得、新たな一歩を踏み出す女性たちの物語。
「怖い絵」、絵に込められた作者のメッセージ。
ちょっと怖いそんな絵を解説しています。
「オーシャントラウトと塩昆布」、オーストラリアで活躍する日本人シェフの本。
料理に対して、経営に対して、真摯な思いが込められています。
「虐殺器官」、暴力、破壊、テロ、虐殺・・・・。
なぜ人間はそのような行動を起こしてしまうのか・・・・。
「活字博物誌」、著者が興味を持ついろんなテーマに沿った本が紹介されています。
堅苦しくなく、ほのぼの面白くいろんな本を知ることができます。
「魚料理のサイエンス」、日本人ほどいろんな種類の魚を食べている民族は他にいないと思うのですが、どんどん魚離れが起きている昨今。
この本を読んでぜひぜひ魚料理に目覚めてほしいものです。
「かわいそうだね?」、女が女を見るときって、顔は笑ってても目はめちゃくちゃシビアなんですよね。
ものすごい目で同性を見ているのをよく見かけます。
そんな女性の視線をふと思い出しました。

さて、今月の一冊ですが。
どれもそこそこといった印象。
その中で一冊選ぶとなりますと・・・・。
「かわいそうだね?」ですかね。
2編収録ですがどちらもよかった。
綿矢氏はデビュー作からずっと読んできまして、私の中ではじわじわと魅力が沁み込んできている作家さんです。
今月の一冊はこれで。

CIMG3076.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする