2017年07月31日

7月の一冊

今月の読書は15冊でした。

・「将棋ボーイズ」小山田桐子
・「何様のつもり」ナンシー関
・「カレーライスと日本人」森枝卓士
・「定食バンザイ!」今柊二
・「ベーコン」井上荒野
・「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
・「たった一人の熱狂」見城徹
・「天才 創造のパトグラフィー」福島章
・「泣いたらアカンで通天閣」坂井希久子
・「走ル」羽田圭介
・「伝説の総料理長 サリー・ワイル物語」神山典士
・「極みのローカルグルメ旅」柏井壽
・「食堂つばめ2 明日へのピクニック」矢崎存美
・「日曜日の住居学 住まいのことを考えてみよう」宮脇檀
・「新宿駅最後の小さなお店ベルク」井野朋也

「将棋ボーイズ」、将棋そのものよりも高校生たちの友情とか成長を描いた物語です。
タイトルも含めて将棋小説としてはもひとつですかね。
「何様のつもり」、消しゴム版画とエッセイという二つの稀有な才能を持っていた著者。
版画のインパクト、エッセイの切れ味を堪能。
「カレーライスと日本人」、いまや国民食となったカレーライス。
日本人が初めてカレーライスと出会ってから現在に至るまでを追った一冊です。
「定食バンザイ!」、男性にとって昼めしはやはりがっつりと定食でいきたいですよね。
美味くて安くてボリュームがあれば言うことなし。
「ベーコン」、男女の話にさらりと食べ物を絡ませています。
どちらも生々しさという点では共通していますしね。
「フィッシュストーリー」、やはり上手いなと思います。
短編集ということで小粒な印象ではありますが。
「たった一人の熱狂」、なんとも熱い人ですね。
この生き様は誰にでも真似できるというものではありません。
「天才 創造のパトグラフィー」、過去の天才たちを精神医学から分析した本です。
やはりまずはこういう切り口になるんでしょうね。
「泣いたらアカンで通天閣」、大阪の下町を舞台にした笑いと涙と人情の物語。
ちょっとベタですけどね。
「走ル」、ロードレース、競輪、自転車部、そのどれらでもなく、ただ個人でひたすら走るだけの自転車小説。
こういうのもありなのかとちょっと感心。
「伝説の総料理長 サリー・ワイル物語」、日本のフランス料理の原点ともいえる存在でありながら、これまで誰も取り上げてこなかった人物を克明にたどったノンフィクション。
素晴らしい力作だと思います。
「極みのローカルグルメ旅」、地味でローカルではありますが、その土地ならではの食べ物がある。
こういうのを追いかけている人って本当に食べることが好きなんだなぁと思えます。
「食堂つばめ2 明日へのピクニック」、シリーズ第2弾なんですが早くもマンネリ感。
登場人物の柳井秀晴もいつまでなにやってんだって感じですし。
「日曜日の住居学 住まいのことを考えてみよう」、これから家を建てるという人には参考になるかも。
でも専門家と素人ではやはり考え方に乖離があると思いますけどね。
「新宿駅最後の小さなお店ベルク」、立ち退きを要求されながらも孤軍奮闘する小さな飲食店の軌跡。
一度いってみたいと思わせる魅力を感じました。

では今月の一冊を選ぶということで。
今月は飲食関係のエッセイ・ノンフィクションがどれもよかったですね。
中でもやはり「伝説の総料理長 サリー・ワイル物語」の著者の功績は大かと。
これを選ばせていただきましょう。

CIMG3089.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

「新宿駅最後の小さなお店ベルク」井野朋也

CIMG3101.JPG

JR新宿駅東口改札から徒歩15秒の店「ベルク」。
たった15坪のビア&カフェです。
そんな小さな店に毎日平均して1500人ものお客さんがやってくるとか。
ビルから立ち退きを要求されても拒み続け、1ヶ月ほどで5000人ほどの署名を集め、生き残り続けています。
セルフサービスでカウンターは立ち飲み。
なぜそのような店が長年愛され続けているのか・・・・。
個人店が生き残っていくためにどのような創意工夫をしているのか。
チェーン店のような資本力はありませんが、しかし個人店だからこそできる経営というのもあるでしょう。
値段や商品の魅力はもちろんですが、でもやはり人なんでしょうね。
店と客といっても結局は人と人です。
店員はお客さんに喜んでもらうために一生懸命工夫し努力する。
その思いがお客さんに伝わりお気に入りになり何度も訪れるようになる。
言葉でいうほど簡単なことではないでしょうが、結局はそういうことなんでしょう。
エッセイとして面白く、ビジネス書としても同業者の参考になるのではないでしょうか。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

「日曜日の住居学 住まいのことを考えてみよう」宮脇檀

CIMG3102.JPG

著者は建築家。
サブタイトルにあるように「住まいのことを考えてみよう」ということで、ハード面よりもソフト面から考えてみようという提案です。
ハード面というのは構造であるとか設備であるとかインテリアであるとか。
住居を論じる場合、たいがいそのようなハード面の羅列であると。
そういう部分だけで捉えればよいというわけではなく、この家族はどういう生活をし、どんな団らんがあり、そのためにはどのような場が用意されればいいのか。
著者は建築家という立場から施主と真正面から向き合い、そのようなソフト面を追求してきたとのこと。
私にはあまりピンときませんが。
ただ住居にもやはり流行りがありますから、皆右へならえ式にあんな家に住みたいとなりますね。
で、売る側もそういうのに合わせて同じような家をせっせと建て売りする。
間取りについては同じ値段なら部屋数が多いほうが売れるそうで、業者もただでさえ狭い全体を4畳だ5畳だ6畳だとさらに細分化する。
なるほど、いわれてみれば確かにそうですね。
いくら部屋数が多くてもせせこましい気がします。
そして部屋は南向きが良いとされ、南側だけに窓を取ることに気を使い、北に窓を取るのを忘れて夏は暑さにうだってしまうなんて例もよくあるようです。
太陽の光は大切ですが、だからといって四六時中照らされているのもどうなのかと。
極端に走りすぎるんでしょうね。
部屋数だ南向きだと。
ただ住居というのはローンにしろ家賃にしろ庶民の生活費に大きなウェイトを占め、なかなか贅沢はいえないわけですが。
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

「食堂つばめ2 明日へのピクニック」矢崎存美

CIMG3103.JPG

生と死のあいだにある街。
そこには「食堂つばめ」があります。
街にやって来る人たちのために「食堂つばめ」の料理人ノエはどんな料理でもリクエストに応えます。
思い出の料理を食べてもらって元の世界に戻ってもらうために。
妻のオリジナルレシピの肉じゃが、大好きな料理がいっぱい詰まったランチバスケット、プロポーズを決心した日に食べて失敗したマカロニグラタン、おばあちゃんの揚げ餅・・・・。
シリーズ第2弾です。
ちょっとパワーダウンしたといいますか、早くもマンネリ感が。
1話読み切り形式なのですが、それぞれの登場人物に思い出のエピソードを持たせそれにまつわる料理を提供するという内容。
そして登場人物たちはそれを食べてもう一度生き返ることに前向きになる。
ただこれからもひたすらこのパターンを読ませられるとしたらちょっとつらいですね。
どんな料理が出てくるのか、それにまつわるどのようなエピソードがあるのかという楽しみはありますけど。
しかし毎回ゲストのエピソードと料理だけでは飽きてしまいます。
少しずつでも話といいますか、主人公たちに進歩がありませんと。
物語全体が動いていってほしいですね。
ということで、今後の展開に期待したいと思います。
ラベル:グルメ本 小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

「極みのローカルグルメ旅」柏井壽

CIMG3104.JPG

この本は食通に向けて書かれたものではありません。
かといってB級グルメマニア向けに書かれたわけでもなく。
その土地に行かなければ味わうことのできないローカルグルメを紹介した本です。
いいですねぇ、ローカルグルメ。
どの土地に行っても同じような料理が蔓延る昨今。
地方の名物とかいいながらも簡単に取り寄せたりできてしまいます。
ではなく、やはりその土地に足を運ばなければ食べられない料理があっていいはずです。
いや、なくてはなりません。
地元の人だけが知る味、店。
そういうのがあってこそ旅もまた楽しみになるというものです。
じゃあ旅行になんて行けない人はそういう料理を味わえないではないか、という意見もありましょう。
うむ。
それならば諦めればいいのです。
無理なら潔く諦めるというのも肝心です。
なんでもかんでも手に入るという考えが現代人の自惚れであり、物に対する有難みを失くしているのです。
どうしても諦められなければ執念でお金と時間を作って食べに行けばいいのです。
さてローカルグルメですが、こういうのって当然高級な懐石料理やフランス料理ではなくB級グルメ的なんですよね。
高級になるほどローカル色といいますか地元べっちゃり感がなくなるといいますか。
洗練とともにローカルな泥臭さがそぎ落とされてしまうんでしょうね。
この本で紹介されている店や料理はほとんどB級グルメ的です。
市役所の地下食堂のカレーなんてのも紹介されています。
やっぱり気取らなく昔から地元の人に愛されている料理というのはいいものですね。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする