2017年07月21日

「伝説の総料理長 サリー・ワイル物語」神山典士

CIMG3089.JPG

時代は1920年代。
日本に本格的なフランス料理を伝えたシェフがいました。
横浜のホテルニューグランドの初代料理長であり、弟子としてあのホテルオークラの小野正吉ら日本を代表する多数の料理人を育てあげた人物です。
その伝説的なシェフの名前は、サリー・ワイル・・・・。
日本のフランス料理の歴史を遡りますと、本格的なそれを初めて紹介したのはサリー・ワイルに行きつくようです。
昭和2年のこと。
料理が美味しいのはもちろんのことですが、それまでお仕着せのコースで食べるものと思われていた常識を覆し一品料理でも注文できるようにした「グリルルーム」をオープンしたり、どんな料理にも応じ、シェフ自らダイニングに顔を出し挨拶してまわり、ピアノを入れフィリピンバンドに演奏もさせたとのこと。
つまり堅苦しいマナーでガチガチだったレストランを、もっと気軽に楽しめるようにエンターテイメントの場としたわけですね。
そのような貢献もしつつ、ワイルの本格的な料理を学ぶためいろんな人物が集まり、その後の日本のフランス料理を支えていく人たちも育てていったわけです。
ただその料理人人生は決して順調満帆だったわけではありません。
むしろ晩年は日本に多大な功績を残した割にはやや寂しいものだったといえるかもしれません。
1973年に勲五等瑞宝章を受けていますがこのときすでにワイルはスイスで病床にあり、皇居での授与は叶いませんでした。
ですがワイルの残した功績は今でも脈々と受け継がれています。
そんなサリー・ワイルですが、ほとんど今までの料理史で取り上げられたことはありませんでした。
私もフランス料理関係のいろんな本を読んできましたけど(といってもたかが知れてますが)、これ以前に出された本でサリー・ワイルの名前を目にしたことはなかったように思います。
本書でもそのことについて触れられていますね。
資料もほとんど残っておらず、当時を知る人もこれまたほとんど残っていません。
そんな中で根気よく取材を重ね、よくここまでのことを書いたものだと思います。
まさに渾身のノンフィクションです。
そして唯一のサリー・ワイル資料本であり、今まで知られていなかった日本フランス料理の歴史を記す貴重な一冊ではないでしょうか。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『こ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする