2017年08月06日

「世界ぐるっと肉食紀行」西川治

CIMG3098.JPG

世界ぐるっとシリーズ第3弾。
第1弾は朝食第2弾はほろ酔い
今回は肉食です。
いつものように世界各地で食べておられます。
韓国、インド、イタリア、スペイン、メキシコ、アメリカ、トルコ、モロッコ、中国、モンゴル、ベトナム、日本・・・・。
やはり肉食というのは魅力的ですね。
私も肉は好きなのですが、最近はむしろ魚です。
そして野菜。
意識してそのようにしていますし、体もそれに馴染んできています。
しかし時折無性に食べたくなるのはやはり肉ですね。
魚にこのような引力はありません。
なんなんですかね、この肉の魅力というのは。
この本では著者が訪れて食べた各国の肉料理が紹介されています。
白黒とカラーで料理に限らず写真もいろいろと。
読んでいるとすぐにでも肉に食らいつきたくなります。(笑)
日本人の体はそもそも肉食に向いていないといわれています。
ですが食生活の移行はそんなのおかまいなしに肉食で突っ走ってきました。
体の変化が追い付いていないので弊害もあるといいます。
魚を食べるという日本人の食文化をないがしろにしてはなりませんが、しかしこの本を読んでみますと肉というのは世界中で愛されています。
日本でもいまや食事に欠かせないものですよね。
なので肉食おおいに楽しむべし、と思います。
が、やはりバランスは大切。
昔ながらの日本の食事を中心にしつつ、肉もそこそこに。
気を抜くと毎日がっつりと肉食になりがちですから。
今日のメシは肉でいくかと思わせる、罪な一冊です。(笑)
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『に』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする