2017年08月16日

「江口寿史の正直日記」江口寿史

CIMG3113.JPG

マンガ家江口寿史の日記です。
「正直日記」は1999年~2002年。
「編集長日記」は1994年~1996年。
そして「金沢日記」の3部仕立てです。
厚さ約4センチ。
辞書のように分厚い。
ページ数は約550ページほど。
「正直日記」の内容はなにがどうってわけでもなく、日記ですからただひたすら著者の日常を書いているわけで。
しかしこれが面白いんですね。
そこらのオッサンではなくやはり江口寿史の日常ですから。
当然横のつながりでいろんなマンガ家の名前が出てきます。
行きつけの店で飲んでいると泉晴紀や久住昌之とり・みきといった人たちが居たり、ぶらりとやって来たり。
そのような内輪ネタが読んでいて楽しい。
意外といしかわじゅんがあまり出てこなかったな。
「編集長日記」は著者が「COMIC CUE」というマンガ誌の編集長になり、その経過を書いた日記です。
豪華なメンバーに原稿を依頼し、取り立て、苦労する様が書かれています。
「金沢日記」はマンガで描かれており、付録のような感じですね。
13年ぶりにマンガ家として復活した山上たつひこの復帰作「中春こまわり君」のアシスタントとして、著者、泉晴紀、田村信の3氏が金沢の山上氏の下に参上する話。
どれも楽しく読ませていただきました。
しかし江口氏の日記がなぜ河出書房新社から・・・・?
ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする