2017年08月20日

「パラダイス・ロスト」柳広司

CIMG3111.JPG

米海軍士官のマイケル・キャンベルはシンガポールのラッフルズ・ホテルで美しい女性と出会い、雷に打たれたような衝撃を受けます。
彼女の名前はジュリア・オルセン。
猛然とアタックしたマイケルは何度もデートを重ね、結婚を約束するまでになります。
そんな中、ラッフルズ・ホテル内で一人の英国人実業家が死体で発見されます。
その犯人として逮捕されたのがジュリア。
ジュリア自身も殺害を認めているというのですが・・・・。(失楽園)
「ジョーカー・ゲーム」「ダブル・ジョーカー」に続いてD機関シリーズの第3弾です。
4編収録されており、「失楽園」が表題作。
この話にどのようにD機関のスパイが関わっているのかというのがミソなわけですが、なるほどこういう関わり方もあるのかと。
自分が表面に出ることなく他人をコントロールして事を運ぶ。
お見事。
私的には「追跡」がよかったですかね。
英国タイムズ紙の極東特派員アーロン・プライスはD機関に興味を持ち、その組織を率いる謎の男、結城中佐の過去を追います。
やがて有崎晃という人物にたどり着いたプライス。
この人物こそが結城中佐の正体だと確信を持ちます。
実はプライスは英国のスパイ。
ある日の深夜、無線電信機で暗号文を打電しているプライスの家に憲兵隊が踏み込んできます。
スパイ行為の現行犯で逮捕。
こうなってはプライスの人生は終わりです。
しかしある人物が身元引受人として現れ・・・・。
D機関の総帥である結城中佐の経歴がなんと緻密に計算された深い謎であることか。
結城中佐自身話の中に登場することはほとんどないのですが、さりげなく漂う不気味な存在感がいいですね。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする