2017年08月30日

8月の一冊

今月の読書は14冊でした。

・「街のイマイチ君」綱島理友
・「聖痕」筒井康隆
・「世界ぐるっと肉食紀行」西川治
・「小説 君の名は。」新海誠
・「谷崎潤一郎マゾヒズム小説集」谷崎潤一郎
・「バカボンのパパよりバカなパパ」赤塚りえ子
・「天の梯 みをつくし料理帖」高田郁
・「江口寿史の正直日記」江口寿史
・「サヴァイヴ」近藤史恵
・「パラダイス・ロスト」柳広司
・「多読術」松岡正剛
・「男と点と線」山崎ナオコーラ
・「花腐し」松浦寿輝
・「寿司屋のカラクリ」大久保一彦

「街のイマイチ君」、街中にあるいろんなヘンなものを取り上げた一冊。
こういうのは目新しさはありませんが、他のメディアとネタがダブらなければそれなりに楽しめます。
「聖痕」、作者はここしばらく“老い”や“死”をテーマにしておられたように思いますが、本作はそのようなテーマからはずれています。
今では使われなくなったような日本語を駆使しつつ、レストランを舞台に背徳的な雰囲気でバブル期から東北の震災までを描いています。
「世界ぐるっと肉食紀行」、世界中を旅している著者の肉食についての食べ歩き記録。
いろんな肉食文化を堪能できます。
「小説 君の名は。」、話題になったアニメ映画の小説版。
やはりアニメあってこその小説版で、アニメがなければこれ単独で話題になることはなかったでしょう。
「谷崎潤一郎マゾヒズム小説集」、谷崎といえばマゾ、足フェチなわけですが。
まあこれは軽くジャブといったところでしょうか。
「バカボンのパパよりバカなパパ」、いまや伝説のギャグマンガ家、故・赤塚不二夫。
娘という立場からプライベートな赤塚の魅力を存分に描いています。
「天の梯 みをつくし料理帖」、人気シリーズのいよいよ最終巻。
料理を扱った小説としては今後も語られるべき作品ではないでしょうか。
「江口寿史の正直日記」、人気マンガ家の日々の生活。
ダラダラしつつもやはり一般人とは違う日常が興味深く面白い。
「サヴァイヴ」、ロードレースを扱ったシリーズの第3弾。
レースの緊迫感がいつもながらにいい。
「パラダイス・ロスト」、タイトでストイックな雰囲気の漂うこのシリーズ。
話の中にはほとんど出てこないものの、結城中佐の存在感がじんわりと染みてますね。
「多読術」、本を読むにもいろいろと心掛けがあるわけで。
なるほどただダラダラと読んでいてはいけないんですね。
「男と点と線」、いろんな男女の物語。
でもこの作者のタイトルっていつもなんだかよくわからないのですが。
「花腐し」、平成というよりも昭和の時代を引きずったような雰囲気の作品。
歌でいえば演歌か四畳半フォークか。
「寿司屋のカラクリ」、回転寿司から高級店まで、いろんな寿司屋の裏事情。
フードコンサルタントという立場から書かれています。

今月はどれもそこそこ読み応えがあったように思います。
そんな中での一冊。
そうですね、「天の梯 みをつくし料理帖」が内容はもちろんなんですけど、10作というシリーズが完結したことに労いと感謝を込めて。
今月の一冊はこの作品にしたいと思います。

CIMG3095.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする