2017年09月03日

「書店ガール4 パンと就活」碧野圭

CIMG3105.JPG

新興堂書店でアルバイトをしている高梨愛奈は就職活動を控えた大学生。
周りが積極的に就職活動している中、愛奈はいまいち気持ちがはっきりしません。
本は好きですが、このまま書店に就職したとして未来はあるのか。
一方、駅ビルの書店で働く宮崎彩加は書店員5年目です。
大学時代からこの店でアルバイトし、卒業後は契約社員として勤めています。
愛奈より4歳年上ですが友達として親しく付き合っています。
正社員への登用とともに、新しくオープンする七坪ほどの駅中書店の店長を任せられることになるのですが。
2人の今後は・・・・。
シリーズ第4弾。
これまでは西岡理子と小幡亜紀のコンビでしたが、今回からはその2人は若い人たちにとって憧れの存在となり、次世代というべき愛奈と彩加がメインとなっています。
愛奈の就活、そして彩加の書店員としての成長を柱に、パン屋の大田英司という男性との接点があります。
寂れた商店街で書店をしている彩加の叔母の店を、大田のパン屋と提携してブックカフェにしないかという話が持ち上がっているんですね。
最初は太田に対してあまりいい感情を持たない彩加ですが・・・・。
サブタイトルの「パンと就活」というのはここから来ているわけです。
いつもながら登場人物が悩み葛藤しつつ成長していくという大きな幹があります。
そして女性が働くことの意味、本への愛情といったしっかりとした枝。
それらを描きつつちらっと恋愛の要素も隠し味程度に加え、実在の作家の名前や作品を多数登場させ、上手く現実とシンクロさせて読み応えのあるエンターテイメントとなっています。
毎回ただエピソードを羅列するだけではなく、しっかりと物語自体が進歩しているのがいいですね。
ラベル:小説 本・書店
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする