2017年09月19日

「宇宙戦争」H・G・ウェルズ

CIMG3124.JPG

時代は20世紀の初め。
舞台はイギリス。
ある日流れ星がウォーキングという町に落下します。
しかしそれは隕石ではなく巨大な円筒でした。
人々が集まる中その円筒のふたが開き、現れたのは火星人です。
火星人は熱線で人々を焼き払います。
その後も円筒がやって来て熱線や毒ガスで殺戮を繰り返し、住民をパニックに陥れます・・・・。
宇宙人が地球を攻めてくるという思いっきりベタな設定のSF小説です。
当時アメリカでラジオドラマとして放送され、現実と勘違いした人たちが溢れてパニックになったというのは有名な話ですね。
SFの古典的名作ではありますが、さすがに今読むとちょっとつらいか。
『火星人』というだけで現在では苦笑ものでしょう。
地球人を上回る知的生命体がいたとして、友好的なコンタクトもなくいきなり攻撃を仕掛けてくるというのもちょっと強引。
だからこそのストーリーではあるのですが。
まあ同じ地球人同士でも北朝鮮のような話の通じない人種もいますけどね。(笑)
宇宙人を迎え撃つ人間側の武器も大砲だったりしますし、これもいまのSFアニメなどに慣れた現代人にはのどかすぎます。
なによりタイトル(邦題)がなぜ「宇宙戦争」なのか。
宇宙という大きなタイトルの割には舞台がイギリスの片隅だけとスケールが小さく、これがしょぼ感を増しています。
原題は「The War of the Worlds」です。
せめて全世界を巻き込むくらいのスケールがありませんと。
しかし当時としてはじゅうぶんな大作だったんでしょうね。
ラベル:海外小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする