2017年10月05日

「現代日本の小説」尾崎真理子

CIMG3137.JPG

現代文学といえばちょっと堅苦しい。
現代文学の前に近代文学なんてのがあったりします。
なんだか電車の『今度』、『次』みたいなものでどっちがどないやねんとツッコミを入れたくもなりますが。(笑)
ちなみに私の住む大阪では『先発』、『次発』とはっきりしております。
さて、この本のタイトルは「現代日本の小説」。
つまり現代の日本の小説を取り上げておられるわけですが。
じゃあどこからが現代なのかというとまたややこしくなりますのでその問題は置いときまして、この本では1987年、よしもとばななの登場でスタートしておられます。
そして村上春樹。
デビューではありませんが「ノルウェーの森」がこの年なんですね。
俵万智の「サラダ記念日」も同じく。
第1章はほぼ“ばなな&春樹”。
第2章はひたすら村上春樹。
第3章で芥川賞最大の“事件”としまして、19歳・20歳で受賞した綿矢りさ金原ひとみを取り上げておられます。
その後第4章では原稿の手書きからワープロ(パソコン)への移行、それが単なる手書きからキーボードに移ったというだけでなく、それがどのように小説に変化をもたらしたのかの検証。
たしかにワープロ→パソコンの登場は小説の世界にも大きな影響を与えています。
それを上手く作品に取り込んでいる作家もいらっしゃいますね。
ここでは笙野頼子なんかが取り上げられています。
例えば「レストレス・ドリーム」などまさにそれでしょう。
最終的には佐藤友哉舞城王太郎、清涼院流水らの名前が出てきます。
「キッチン」や「ノルウェーの森」からわずか20年でこれほどの変化があったと結んでおられます。
そうか。
改めて指摘されるとなるほど様変わりしましたね。
ケータイ小説なんてのもありましたけども、今後どのような形で新しい作家が出てくるのか。
私個人としましてはがっつりと骨太な作家の登場を期待します。
ラベル:書評・作家
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする