2017年10月11日

「思い出のとき修理します4 永久時計を胸に」谷瑞恵

CIMG3134.JPG

寂れた商店街にある飯田時計店。
ショーウィンドウには『思い出の時 修理します』という金属製のプレートが置かれています。
そんなプレートに惹かれてか、今日も客が訪れます・・・・。
シリーズ第4弾。
最終巻です。
前作の感想で内容のお粗末さに「私はもう読むのをやめます」と宣言したわけですが、最終巻となりますとせっかくここまで読んできたんだし最後まで付き合うかと。
まだまだシリーズが続くのならもちろん読みませんでしたけど。
商店街や飯田時計店を訪れる人たちのいろんなエピソードを描きながら主人公の明里と秀司の関係がどのようになっていくのかが大きな物語の流れなわけですが、さて最終巻でどのような結末を迎えるのか。
秀司には独立時計師になりたいという夢があり、そのためにはスイスに修業に行かなければなりません。
何年も日本には帰ってこれなくなります。
そうなると明里との関係が消滅してしまう不安があります。
では明里も一緒にスイスに付いていくか。
付いていったとしても秀司は修業に夢中で明里にかまっていられず、足手まといになるだけです。
そんな二人の行く末は・・・・。
ま、もちろんそれなりにハッピーエンドなラストになるんですけどね。
そう書いてもネタバレにはならないでしょう。
今回も細かなところでどうも納得いかない部分がいくつかあったのですが、今までの中ではいちばん破綻がなかったように思います。
さほど途中で飽きることもありませんでしたし。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする