2017年10月13日

「ほっこりおうちごはん 「どうぞ飯あがれ」」柴門ふみ

CIMG3133.JPG

人気漫画家の食エッセイ&レシピ集です。
2児の母でもありますから、そりゃもう仕事しーの家事をしーの大変だったことと思います。
売れっ子マンガ家で仕事しつつ主婦もなんて、よくもまあ。
ま、それはそれとしまして、本書は著者がいろんなエピソードを書きつつそれにまつわる一品を紹介し、そのレシピは巻末にという内容です。
しかしなんなんですかね、読んでいていまいち気分がよくない。
なんといいますか、文章に高飛車なところが感じられるんですよねぇ。
なんでこんな物言いなんかなぁと。
あとは投げやり感とか、開き直り感とか。
もっと普通に書けばいいのにと思います。
著者は当然普通に書いておられるつもりなんでしょう。
これが著者の文体でありスタンスなんでしょう。
そこに嫌味を感じてしまうのは、私と著者の感性のズレかもしれません。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする