2017年11月10日

「東大オタク学講座」岡田斗司夫

CIMG3146.JPG

96年から97年にかけて著者が東大で行った『オタク文化論』についての講義をまとめた本です。
東大とオタクというのは似つかわしくないような気もしますが、私はなんとなくイコールな気もするんですけどね。
さて、オタクというと最初はマンガやアニメのマニアに対して使用されていた言葉です。
なのでちょっとマイナーといいますか、世間から外れた特殊な人たちというイメージがありました。
今もそれはありますけど、当時に比べたらずっとメジャーになりましたね。
ジャンルもマンガやアニメに限定されることなく使われるようになり、その道のエキスパート的なニュアンスさえあったりします。
ですがこの本のいうオタクとはまさしくマンガやアニメな人たちのことです。
あとはゲームですね。
そしてオカルト。
前半の「光のオタク編」ではそれらの世界をしっかりと分析、解説しておられます。
後半は「闇のオタク編」。
こちらではゲストを招いての対談です。
「現代アートの超理論」では村上隆氏、「敗れざるゴーマニズム宣言」で小林よしのり氏、「愛と誠の変態講座」で唐沢俊一氏など。
最後には講義を受けた学生たちのレポートを著者がチェック。
オタク文化についてたっぷりの読み応えがある一冊です。
ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

「小説家の作り方」野崎まど

CIMG3147.JPG

デビューしてまだ2年目の作家、物実のもとにファンレターが届きます。
紫という女性です。
小説の書き方を教えてほしいと。
この世で一番面白い小説のアイデアを閃いてしまったと。
何度かメールをやりとりし、物実がそれはどのようなアイデアなのか訊いても説明できないといいます。
一度会ってほしいといわれ会ってみたものの、会話がワンテンポずれているどこか変な女性です。
ただし半端なく美しい。(笑)
話し合いの末、物実は紫に小説を教えるアルバイトを始めることになりました。
紫が今までに読んだ本がなんと5万冊。
ところが作文どころか文章を書いたことがなく、物実へのファンレターが人生初めての文章だといいます。
そんな紫に小説の書き方を指南していく物実ですが・・・・。
なるほどなぁ。
上手いなぁ、野崎まど。
笑える箇所もありますし、でもストーリーはきっちりと作られていますし。
ミステリーといいますかSFといいますか。
読み終えてタイトルにふむふむと。
あまり詳しく書くとネタバレになりますので。
面白かったです。
なめたらアカンね、ライトノベル。(笑)
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『の』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

「寂花の雫」花房観音

CIMG3148.JPG

交通事故で父と夫を失くした36歳の平本珠子は、京都の大原で一日一組しか客をとらない民宿を営んでいます。
女ひとり、隠棲しているかのような生活です。
そんな珠子の民宿にカップルが訪れます。
ですが喧嘩して女は帰ってしまい、ひとり残った男の名は羽賀九郎。
羽賀は珠子に大原を案内してくれるよう頼みます。
翌日、出かけた音無の滝で羽賀に引き寄せられた珠子は口づけをされ・・・・。
京都大原を舞台に、世捨て人のような生活をしている珠子の愛と性、そして人生が描かれています。
なぜ珠子はこのような生活をしているのか。
どのような思いで日々過ごしているのか。
そんな暮らしに羽賀という男が現れ、心をかき乱され。
珠子はそれをきっかけに何を感じ、どこへ向かうことになるのか・・・・。
いちおう性愛小説ということで、そちら方面の描写も多くはありませんがしっかりと。(笑)
やはり舞台がいいですね。
これがビルの林立する都会だと味もしゃしゃりもない。
ま、それはそれでアーバンな男女が描けるでしょうけど。
京都は作者の地元ということもあるかもしれませんが、これはやはり舞台設定の勝利ですかね。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

「夜を乗り越える」又吉直樹

CIMG3149.JPG

お笑い芸人で芥川賞受賞ということで大きな話題になった又吉直樹氏。
以前に「第2図書係補佐」という著作を読んで、これほどの読書家ならご自身で小説も書けるのではとこのブログで感想を書いたことがあります。
その時点ですでに小説を書いておられたのかどうかは知りませんが、すぐそのあと「火花」を発表され、芥川賞候補になったと話題になり、受賞され、大騒ぎに。
さすがに芥川賞とまでは思いませんでしたが、やはり文才はおありだったようで。
さて、本書はそんな著者がご自身の経歴を語りつつ、本について、文学について書かれた一冊です。
太宰を始めとして近代文学で小説の面白さにのめり込まれたようですね。
けっこう正統派の文学少年かと。(笑)
作家や作品への思いなどいろいろとエピソードも交えながら書いておられるのですが、どうも例え話が多くてまとまりがないといいますか。
もうちょっとストレートに書いてほしかったですね。
また著者とは考えが違うところも多々あり、納得の読後感とはなりませんでした。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

「リケイ文芸同盟」向井湘吾

CIMG3150.JPG

桐生蒼太はバリバリの理系人間。
出版社に勤務し『かがく文庫編集部』に所属していたものの、このたび『文芸編集部』に移動となりました。
きっちりと答えの出る数学と違ってなにもかもが曖昧な文芸の世界。
部長は“熱意”などというわけのわからん言葉を根拠に仕事をする人物。
理不尽なクレームをつけてくる作家もいます。
そんな中で蒼太は大学からの悪友である営業部の嵐田と協力し、理系らしくデータを分析しながら売れる本を創ろうとします。
はたして蒼太はベストセラーを出すことができるのか・・・・。
理系人間が文系の世界で悪戦苦闘するというお仕事小説です。
キャラの設定がちょっと極端な気もしますけどね。
理系で何事もきっちりと答えを出さないと気が済まない蒼太に対して、なにもかも曖昧な部長。
しかしいくら部長が文系の人間だからといって、売れる本を創るためにデータを無視するなんてあり得ないでしょう。
そして肝心の理系という設定がいまいち蒼太の仕事に上手く稼働していないように思うのですが。
いろいろと専門的な言葉が出てきたりはするのですが、結局その手法って専門家でなくとも誰もがやっていることでしょうし。
どうせならもっと理系に突っ走ってアクロバットな技を見せてもらいたかったですね。
でもそうなるとこの作品のベクトルが違うほうにいってしまいますけど。
同僚に鴨宮凛という女性がおり、蒼太がほのかに想いを寄せたりしてストーリーに色を添えています。
この女性がなにかとクッション的な役目をはたしており、作品をやわらかくしていますね。
全体的にはいまいち物足りない印象でした。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする