2017年11月18日

「ハンドモデルの恋人」綾瀬麻結

CIMG3142.JPG

6歳のとき両親を事故で亡くした紗羅は、樫井家というジュエリー会社を経営している裕福な家に引き取られます。
そこには唯人という6歳年上の男の子がいました。
兄と妹のような2人でしたが、唯人は紗羅の初恋の相手となります。
しかし唯人はアメリカの大学に留学してしまいます。
離れ離れになって胸が張り裂けそうなほどつらい思いをしましたが、それから8年後、ついに唯人が帰ってきます。
お互い見違えるような魅力ある大人になり2人は男と女として惹かれあうのですが、お互いに誤解があり行き違いを繰り返してしまいます。
唯人しか考えられない紗羅ですが、唯人は紗羅には好きな男がいると思い込み別の女性に目を向けようとします。
そんなある日、ジュエリーのパンフレットに掲載されている美しい『手』の持ち主に唯人は惹かれるのですが・・・・。
ま、なんといいますか、非常に芝居じみていて回りくどく歯がゆい展開です。(笑)
子供やあるまいしお互いの気持ちくらいわかるやろと。
「やっぱりわたしのことなんか・・・・」、「俺は嫌われてるのか・・・・」という自虐的ナルシズムはお約束。
エタニティの定番ですね。
だからこそのラストのカタルシスなのかもしれませんが。
この作者の本は2冊目ですかね。
ふと「ん?」と思うようなことがあったりする。
舞台は神戸なんですがなぜか皆標準語とか。
前作もそうでした。
他、再会する前はお互い相手の記憶は数年前に離れたままで現在は見た目がどうなっているかわからないなんて設定ですが、メールのやり取りはしていたんだから普通写真のやりとりもするでしょ。
あと夜中に蝉が鳴いていたりとか。
(最近は熱帯夜の影響かそういう例もあるようですけど)
あまりこんなことにこだわると小姑のようですが。(笑)
この作品は3部構成。
最後の「永遠の囁きをずっと」というのがなかなかよかったです。
紗羅の祖母の半生です。
最後に締まりましたね。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする