2017年11月30日

11月の一冊

今月は14冊読みました。

・「リケイ文芸同盟」向井湘吾
・「夜を乗り越える」又吉直樹
・「寂花の雫」花房観音
・「小説家の作り方」野崎まど
・「東大オタク学講座」岡田斗司夫
・「ばかもの」絲山秋子
・「江戸川乱歩傑作選」江戸川乱歩
・「くさいはうまい」小泉武夫
・「ハンドモデルの恋人」綾瀬麻結
・「おでんの汁にウツを沈めて 44歳恐る恐るコンビニ店員デビュー」和田靜香
・「なんとなく、クリスタル」田中康夫
・「ナポリタン」上野玲
・「顰蹙文学カフェ」高橋源一郎 山田詠美
・「紙の月」角田光代

「リケイ文芸同盟」、理系の人間が文系である小説の編集者になるという設定。
でもそれが生かしきれなかったように思います。
「夜を乗り越える」、芥川賞を受賞して話題になった又吉直樹氏のエッセイ&文学論。
はあそうですか、という以上の感想はなく。
「寂花の雫」、京都を舞台にした男と女の出会いと別れ。
たいした内容ではありませんが個人的には楽しめました。
「小説家の作り方」、読んでなるほどと思いました。
ライトノベルというジャンルだからこその佳作でしょうか。
「東大オタク学講座」、いまや無視できない『オタク』という存在。
第一人者が各ジャンルについて解説しておられます。
「ばかもの」、堕ちていく男、そして女。
小説の終わりは再会であり始まりです。
「江戸川乱歩傑作選」、うーん、やっぱり乱歩。
時代を超えて読ませてくれますね。
「くさいはうまい」、『匂い』が敬遠される昨今。
なんの、匂いの強い食品ほどはまればくせになるのです。
「ハンドモデルの恋人」、素人以上プロ未満なエタニティ文庫です。
まあそれなりに楽しむべきでしょう。
「おでんの汁にウツを沈めて 44歳恐る恐るコンビニ店員デビュー」、コンビニでのお仕事エッセイです。
裏話苦労話がいろいろと面白い。
「なんとなく、クリスタル」、30年前のベストセラー。
今読んで面白かったです。
「ナポリタン」、スパゲッティナポリタンについての考察です。
思い入れはわかります。
「顰蹙文学カフェ」、文学や作家はもっと顰蹙を買うべきだと。
そのような作品も作家もあまり見当たらなくなりましたねぇ。
「紙の月」、金に翻弄される人間の話。
いや、金は二次的なもので、戒むべきはきりのない欲望ですよね。

では今月の一冊をば。
う~ん、これといってなぁ。
読み応えということでは「紙の月」でしたね。
さすがの角田光代。
そして野崎まど「小説家の作り方」も思いのほかよかったです。
しかし今回は「なんとなく、クリスタル」田中康夫でいきましょうか。
今からすれば古くさく小っ恥ずかしい当時のトレンドのはずが、30年も経つとめぐりめぐって新鮮で面白かった。
うん、今月はこれでいきましょう。

CIMG3163.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする