2017年12月30日

12月の一冊

今月は以下の15冊でした。

・「安井かずみがいた時代」島崎今日子
・「抱擁」日野啓三
・「無敵のラーメン論」大崎裕史
・「味 天皇の料理番が語る昭和」秋山徳蔵
・「飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白」杉坂圭介
・「マンガ家のひみつ とり・みき&人気作家9人の本音トーク」とり・みき
・「手のひらの音符」藤岡陽子
・「「食の職」新宿ベルク 安くて本格的な味の秘密」迫川尚子
・「窓際OL トホホな朝ウフフの夜」斎藤由香
・「剣客商売 浮沈」池波正太郎
・「昼のセント酒」久住昌之 画・和泉晴紀
・「東海道 居酒屋五十三次」太田和彦
・「オンエア(上・下)」柳美里
・「藤田嗣治 手しごとの家」林洋子

「安井かずみがいた時代」、ひとつの時代を築いた作詞家のドキュメンタリー。
まさに時代を駆け抜けたという印象です。
「抱擁」、幻想的耽美的な雰囲気のある作品です。
こういう世界は個人的に好きですね。
「無敵のラーメン論」、全国を食べ歩いた著者のラーメン論。
客観的に分析、解説しておられます。
「味 天皇の料理番が語る昭和」、伝説の料理人ですね。
その生涯は小説化、ドラマ化もされています。
「飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白」、なかなか外からは窺い知ることのできない遊郭の世界。
興味深く読めました。
「マンガ家のひみつ とり・みき&人気作家9人の本音トーク」、マンガ家の著者によるマンガ家との対談集。
最近ほとんどマンガを読むことがなくなりましたが、こういう本には興味があります。
「手のひらの音符」、じんわりと心にしみる小説です。
なんとか殺人事件などとは対極にある内容ですね。
「「食の職」新宿ベルク 安くて本格的な味の秘密」、15坪という小さいながらも、いや、だからこそこだわりを持って経営しておられる飲食店です。
こういう店にはぜひとも頑張っていただきたいですね。
「窓際OL トホホな朝ウフフの夜」、せっせと精力剤をPRする著者の奮闘記。
いや、奮闘してるんだか会社をかき回してるんだか。(笑)
「剣客商売 浮沈」、いよいよシリーズを読み終えてしまいました。
まだ番外編が残っていますが、ちょっと寂しいですね。
「昼のセント酒」、著者は「孤独のグルメ」の原作者。
昼から銭湯に入って湯上りに酒という極楽エッセイです。
「東海道 居酒屋五十三次」、タイトル通り五十三次のはしご酒です。
飲み歩き珍道中。
「オンエア(上・下)」、女子アナたちを主人公とした業界小説。
さすがに柳美里だけあって生々しいといいますかエグイといいますか。
「藤田嗣治 手しごとの家」、日本を代表する芸術家のプライベートや仕事を公開。
実に個性的な人だったんですね。

「安井かずみがいた時代」や「飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白」、「藤田嗣治 手しごとの家」がノンフィクションでは面白かったです。
小説では「手のひらの音符」、「オンエア(上・下)」ですね。
「オンエア(上・下)」はエンターテイメントとしては面白くインパクトがありましたが、ちょっと俗でしたか。
「手のひらの音符」は地味ですが味わいがありました。
ですが今月はノンフィクションから選びたいと思います。
「安井かずみがいた時代」が印象に残りました。
自由に生き、そして時代の先端を走っていた安井かずみという女性の存在感。
今月はこれを選びたいと思います。

CIMG3159.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

「藤田嗣治 手しごとの家」林洋子

CIMG3170.JPG

日本人の美術家で初めて国際的な成功をおさめたといわれる藤田嗣治。
この本ではパリ郊外にある藤田晩年の家を訪れ、藤田が手元に置いて愛していた様々なコレクションを紹介しています。
まず藤田嗣治といえば個性的なルックスですよね。
おかっぱ頭に丸メガネ、ちょびヒゲ。
かなりインパクトがあります。(笑)
そして仕事の内容も実に個性的。
絵だけではなく、身の周りのいろんなものを手作りしてきました。
ミシンを使って普段着を作ったり、自分の家のドールハウスを作ったり。
大工仕事で額縁を作ったり。
写真にも凝っており、発売されたライカをいち早く購入。
その腕前は玄人はだしだったとか。
またパリの蚤の市などでさまざまな物を購入、収集していました。
それらで飾られたインテリアは独特の感性です。
そんな藤田の行動や仕事ぶりが豊富なカラー写真で紹介されています。
たっぷりと楽しめる一冊でした。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

「オンエア(上・下)」柳美里

CIMG3166.JPG

3人の女子アナを描いた小説です。
藤崎あゆみは26歳。
〈ニュースEYE〉のサブキャスターです。
同番組のプロデューサーと不倫の関係です。
水沢千広32歳は同じく〈ニュースEYE〉のスポーツキャスター。
秘かに人気野球選手と付き合っています。
望月結香22歳も〈ニュースEYE〉のお天気キャスターです。
鹿児島出身で大学時代からの同郷の彼氏がいます。
それぞれテレビの前では華やかですが、裏では男関係でドロドロです。
藤崎あゆみはほとんど性奴隷状態、水沢千広は新人アナに彼氏を取られ、望月結香は別れた彼氏のリベンジポルノでスキャンダルとなり・・・・。
読む前は柳美里がなんでまた女子アナの小説なんてと思ったのですが、読んでみますとさすがだなと。
女子アナを題材にしてこんな内容は誰も書けない(書かない)でしょう。
出だしからいきなり3人の濃厚なセックスシーンですしね。
そしてその後の泥沼っぷり。
そのような状況の中から3人はどのような道を進んでいくのか・・・・。
以前にこのブログで「ルージュ」という化粧品業界を描いた作品を取り上げたとき、同じ業界を描いた林真理子の「コスメティック」という作品と比較したことがあります。
まったく違ったベクトルで、いかにもそれぞれの作家らしい内容でした。
やはり柳美里が書くと華やかなサクセスストーリーとはならないんですね。
たしか林真理子も女子アナを書いていたと思いますが、また探していずれ読んでみたいと思います。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ゆ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

「東海道 居酒屋五十三次」太田和彦 画=村松誠

CIMG3171.JPG

弥次喜多になぞらえて著者とイラストレーターの村松誠氏が東海道の居酒屋を飲み歩くエッセイです。
こういうテーマで飲み歩くのもいいですねぇ。
漠然と飲み屋をはしごするよりも風情があるじゃないですか。
東海道五十三次といえば思い浮かべるのがやはり歌川広重。
昔は安藤広重とも呼ばれていましたが、今は歌川広重が定着しているようですね。
広重の浮世絵に想いをを重ねつつ、それぞれの宿で酒を楽しむ。
紹介されている店はほぼ飛び込みのよう(?)です。
このようなぶらり旅的な飲み歩き、ぜひやってみたいものです。
でもお二人の移動は当然電車だったんでしょうね。(笑)
各章に村松氏のイラストが添えられているのですが、村松誠といえば『ビッグコミックオリジナル』の表紙のイメージが私にはあります。
ほんわりと柔らかく暖かな絵です。
なのでこのような絵を見るのはとても新鮮でした。
文中に『どこの店も、もう暖簾が入っていた』という記述があるのですが、『暖簾が入る』という表現は初めて見ましたね。
普通は『暖簾が出ていた』ですけどね。
このような表現があるのか著者の造語なのか。
『提灯に火が入る』というのはありますけども。
ところで太田和彦氏と村松誠氏って顔が似ているように思うのですが、どうでしょうか。(笑)
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

「昼のセント酒」久住昌之 画・和泉晴紀

CIMG3172.JPG

タイトルの「セント酒」とはなんでしょうか。
表紙の写真に注目。
つまり銭湯のことですね。
昼間っから銭湯に浸かってそのあとは酒と。
いいじゃないですか。
私も昼間っから酒を飲む人間でして、いや、朝からですね。
大阪は西成、朝っぱらから開いている飲み屋が何軒もあります。
しょっちゅう朝から飲んで酔っぱらってます。(笑)
なので朝酒昼酒にかけては人後に落ちませんが、銭湯はもう何十年もご無沙汰してますねぇ。
家風呂ではなく銭湯という解放されたような空間で湯に浸かる。
そのあとは飲み屋へ。
最高の贅沢ですね。
三ツ星の店とかなんとかどうでもいいくらいのものです。
この本では10軒の銭湯→飲み屋が紹介されています。
昼間といってもほとんど夕方ですが、それでもまだ陽のあるうちから風呂に入り、湯上りの火照った体で飲み屋へ寄りビールをぶち込む。
たまりませんね。
読んでいてなんというかじわっと染み入るものがあります。
紹介されている銭湯にしろ飲み屋にしろ、どれも味わい深い。
著者の観察が庶民的でまた。(笑)
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『く』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする