2017年12月20日

「剣客商売 浮沈」池波正太郎

CIMG3173.JPG

シリーズ第16弾。
いよいよ最終巻となりました。
26年前に門弟である滝久蔵の敵討ちに立ち会った小兵衛。
相手の助太刀だった山崎勘助と死闘を演じました。
ある日、小兵衛は蕎麦屋で見覚えのある浪人を見かけます。
滝です。
敵討ちから数年後に音信の絶えた滝でしたが、蕎麦屋で絡んで店主につまみ出されるほど落ちぶれていました。
その直後小兵衛は山崎の子息と出会います。
父の命を奪ったのは自分だと伝えるべきなのか・・・・。
13作目の「剣客商売 波紋」あたりからですかね、小兵衛の老いが感じられるようになってきたのは。
そのあたりから作者もこのシリーズに幕を下ろすことを考えていたのかもしれませんが、今作ではやけにバタバタと畳んでしまった感があります。
そして小兵衛が何歳まで生きただの、それより先におはるや弥七が逝ってしまっただの、そんな野暮なことをなぜわざわざ書くのか。
未来のことまで書かなくてもいいではないか。
先のことは読者の頭の中で綴ればいいんです。
そうやって作者が物語の中にときどきしゃしゃり出てくるのがどうも好きになれないんですよね。
せっかくの最終巻でありながら大治郎も三冬もあまり出てきませんし、孫の小太郎もどこへやら。
今回は滝、山崎、そして金貸しの平松多四郎と息子の伊太郎の話も絡んで同時進行していくのですが、ちょっと欲張りすぎたかなという気もします。
いまいちまとめ切れていないように思えました。
解説では常盤新平氏が大きな間違いをしておられますし。
せっかく16作も続いたシリーズなのに、最後はどうもしっくりしませんでした。
このあとは番外編の2作を楽しみに読んでみます。
ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

「窓際OL トホホな朝ウフフの夜」斎藤由香

CIMG3174.JPG

窓際族というのは普通閑職に追いやられた中高年のサラリーマンをいうわけですが、著者は窓際OLとのこと。
そんな窓際に追いやられた著者に与えられた仕事は精力剤のPR。
問い合わせ殺到する中、せっせと商品の売り上げに励みます・・・・。
まあ窓際OLなんてのはあくまで自虐でしょうけど、しかし上司を笑いのネタにし、会社の裏話を週刊誌のエッセイ(この本のことですが)で暴露しまくるなど、窓際の開き直りか、そんなことだから窓際に追いやられるんだと思ってしまったりもします。
ちなみに著者がお勤めの会社はあのサントリーです。
「やってみなはれ」の社風が著者にこのような暴挙を許すのか。(笑)
それにしてもの感ありありです。
父は作家の北杜夫、祖父は歌人の斎藤茂吉、叔父は精神科医の斉藤茂太。
エリートな家系です。
そのせいか作家さんたちにもつながりがあるらしく、いろんな売れっ子作家からも精力剤についての問い合わせあり。
みなさん苦労しておられるんですなぁ。
(あ、精力剤とは『マカ』のことです。)
前半は笑える話が満載ですが、最後の章は父や祖父、祖母の話でちょっとしんみり系。
できれば前半のノリで最後まで読ませていただきたかったのですが。
しかし祖母の話はなかなか興味深く、このエッセイの続編とともに祖母のことを書いた「猛女とよばれた淑女―祖母・齋藤輝子の生き方」も購入しました。
後日読んでみます。
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

「「食の職」新宿ベルク 安くて本格的な味の秘密」迫川尚子

CIMG3175.JPG

「新宿駅最後の小さなお店ベルク」に次いで、著者が変わりましての第2弾。
前作は店長でしたが今回は副店長。
ベルクというのは飲食店なわけですが、前作では主に店の経歴や経営者としての考えを書いておられました。
飲食についてというよりもビジネス的な読み物という感じでしたかね。
今回はぐっと具体的に飲食について掘り下げておられます。
第1章では店のメニューについて開発のいきさつやこだわりなど。
15坪という狭い店で、カウンターは立ち飲み(食い)。
そんな店ではありますが、ただ単に大量生産品を仕入れて売るというような店ではないんですね。
自分たちが納得いく素材を使って料理を出す。
しかもそれらのメニューがほぼ500円以内なんですよね。
店の努力と良心だと思います。
第2章ではベルクが仕入れをしておられるパン屋さん、ソーセージ屋さん、コーヒー屋さんとの対談もあり。
職人さんの苦労やこだわりを知ることができます。
第3章では著者の食に対する考えが述べられています。
いやしかし、このような店が地元にあったなら。
もし私が東京に行くことがあったら、ぜひ立ち寄ってみたいですね。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

「手のひらの音符」藤岡陽子

CIMG3153.JPG

瀬尾水樹は服飾メーカーのデザイナー。
29歳で途中入社して16年勤めてきましたが、会社が服飾業界から撤退するといいます。
愕然とする水樹。
このまま会社に残っても服飾デザイナーとしてのキャリアしかない自分は必要とされないだろう。
転職するべきなのか。
そんなとき、落ち込んでいる水樹のもとに高校の同級生だった堂林憲吾から電話があります。
恩師である上田遠子先生が入院したと。
帰省する水樹の記憶は子供の頃に遡ります・・・・。
現在の話をメインに、いや、過去の話をメインに現在の話が語られるといったほうがいいでしょう。
家族ぐるみで付き合っていた3兄弟のこと、デザイナーという進路に向かわせてくれた遠子先生のこと、そして恋心を抱いていた3兄弟の同い年だった信也のこと。
その信也は現在音信不通です。
信也はいま・・・・。
仕事、家族や友人、恩師との絆、別れや再会、さまざまなテーマを描きつつ、これからの新しい人生に光が射していく物語です。
派手ではありませんが力強さがあります。
タイトルが内容とちょっと遠い気がしますけど、過去の何気ないシーンが切り取ったように強く印象に残っていることがあったりしますしね。
そんな感じなのかなと。
じんわりと心が温まるいい作品でした。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ふ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

「マンガ家のひみつ とり・みき&人気作家9人の本音トーク」とり・みき

CIMG3154.JPG

著者とり・みきと9人のマンガ家の対談集です。
登場するのは、ゆうきまさみ、しりあがり寿、永野のりこ、青木光恵、唐沢なをき、吉田戦車江口寿史、永井豪、吾妻ひでお
ちなみに著者もマンガ家です。
デビューした経緯や子供の頃どのようなマンガを読んでいたのか、描いていたのか。
マンガに対してどのような考えを持ち、どんなマンガ家や作品に影響を受け、いかにして現在に至るのか。
その他いろいろ・・・・。
編集者や評論家のインタビューと違い、同じマンガ家同士ざっくばらん感がいいですね。
日頃著者と付き合いのある人だったりするのもあるんでしょうけど。
へんに堅苦しいやりとりにならず、内輪ネタなんかがあったりもして楽しめます。
マンガに興味あってもマンガ家に興味ある人って意外と少ないように思いますが、そのような人には楽しめる一冊だと思います。
ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『と』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする