2017年12月20日

「剣客商売 浮沈」池波正太郎

CIMG3173.JPG

シリーズ第16弾。
いよいよ最終巻となりました。
26年前に門弟である滝久蔵の敵討ちに立ち会った小兵衛。
相手の助太刀だった山崎勘助と死闘を演じました。
ある日、小兵衛は蕎麦屋で見覚えのある浪人を見かけます。
滝です。
敵討ちから数年後に音信の絶えた滝でしたが、蕎麦屋で絡んで店主につまみ出されるほど落ちぶれていました。
その直後小兵衛は山崎の子息と出会います。
父の命を奪ったのは自分だと伝えるべきなのか・・・・。
13作目の「剣客商売 波紋」あたりからですかね、小兵衛の老いが感じられるようになってきたのは。
そのあたりから作者もこのシリーズに幕を下ろすことを考えていたのかもしれませんが、今作ではやけにバタバタと畳んでしまった感があります。
そして小兵衛が何歳まで生きただの、それより先におはるや弥七が逝ってしまっただの、そんな野暮なことをなぜわざわざ書くのか。
未来のことまで書かなくてもいいではないか。
先のことは読者の頭の中で綴ればいいんです。
そうやって作者が物語の中にときどきしゃしゃり出てくるのがどうも好きになれないんですよね。
せっかくの最終巻でありながら大治郎も三冬もあまり出てきませんし、孫の小太郎もどこへやら。
今回は滝、山崎、そして金貸しの平松多四郎と息子の伊太郎の話も絡んで同時進行していくのですが、ちょっと欲張りすぎたかなという気もします。
いまいちまとめ切れていないように思えました。
解説では常盤新平氏が大きな間違いをしておられますし。
せっかく16作も続いたシリーズなのに、最後はどうもしっくりしませんでした。
このあとは番外編の2作を楽しみに読んでみます。
ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする