2018年01月11日

「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」村瀬秀信

CIMG3180.JPG

著者は1975年生まれ。
1970年に「すかいらーく」が1号店を出店しましたが、これがファミリーレストランのはしりですね。
ほぼ著者とファミレスの歩みはそろっています。
ということで著者は子供の頃からこのようなチェーン店に慣れ親しんできたとのこと。
で、気が付けばいつもチェーン店でメシを食べていると・・・・。
チェーン店というのは食通を気取る人にとっては小馬鹿にする存在ですが、なかなかどうして、そう捨てたものではありません。
突出はしていませんが、そこそこ無難な料理をこれまたそこそこ無難な値段で提供しています。
料理によっては同じレベルの物をこの値段で個人店では出せないだろうというのも多々あります。
そして個人店に比べて入りやすい。
常連が占拠してて一見が気まずい思いをするなんてことはないですしね。
気軽にぶらっと入れます。
たいがい子供連れでも気兼ねなく入れるでしょう。
そこそこ席数もあったりしますので、ランチタイムのサラリーマンにもありがたい。
なので著者に限らず、日頃ほとんどチェーン店で食事を済ませているなんて人も多いんじゃないでしょうか。
この本では35軒のチェーン店が紹介されています。
そのうちの何軒かは私も日頃利用しています。
チェーン店、結構じゃないですか。
上手に利用すればとても便利な存在です。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:46| Comment(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする